広島市立大学 大学案内2018
133/150

キャリア・就職サポート■インターンシップ企業などで実習体験する「インターンシップ」をキャリア形成の柱の一つに位置付けています。単に体験するだけでなく、実習と事前セミナーや報告会とを組み合わせて実になるものを目指し、インターンシップ研修の充実や協力企業の開拓にも取り組んでいます。また、広島市教育委員会と連携して、教員志望者を対象とした広島市立学校での実習体験活動も行っています。広島東洋カープは、カリブ海の国、ドミニカ共和国に、地元の若手野球選手たちを育成する施設(カープアカデミー)を設置しています。ここで現地のスタッフと一緒に仕事をしながら、さまざまな体験をすることができます。また、インターンシップを通じて、自ら期限を決め、スケジュール管理を行うことや予定外の事態にも臨機応変に対応できるように準備しておくことの重要性など、社会人として大切な事柄を学ぶことができます。広島東洋カープ 企業インターンシップ(国際学部生対象)在日米国総領事館(大阪)の学生インターンシッププログラム(電話での顧客対応、データ入力、企業リサーチ、展示会等のイベント補助など)への参加を通じ、学生が異文化に触れる機会や国際的に活躍する人材と交流する機会を提供しています。学内で公募・選考し、年2回(夏休み・春休み各1名、約1カ月間)派遣しています。在日米国総領事館 インターンシップ広島市が2014年度から実施している有給のインターンシップです。企業と学生が雇用契約を締結し、夏休み期間中の1カ月程度、受入企業の実際の職場で働きながら与えられた課題に取り組むインターンシップです。参加学生には受入企業から賃金が支払われるため、企業の一員として責任を持って働くことが求められます。また実際の業務に従事することで、働くことについての具体的なイメージを持つことができます。広島市有給長期 インターンシップ132

元のページ  ../index.html#133

このブックを見る