工学院大学 大学案内2019
85/148

建築デザインを通して人のくらしをより良くしたい3年次機能的で美しく快適で使いやすい建築のデザインを学ぶ美しさとともに、建築には環境や生活の質への配慮も必要。建築の意匠、住宅・店舗などのインテリア、高齢者などに配慮した住環境、重要な建造物の保存・再生など、それらにかかわるデザインを学び、新しい建築を創造・発信していきます。4つの分野を柱として、多角的な視点から住み良いまちについて考えます。4つの分野美しさ・環境・生活建築デザイン福祉住環境デザイン保存・再生デザインインテリアデザイン建築デザイン学科 3年岡田 和佳さん福島県立安積黎明高校出身幅広く学んだうえで専門分野を選べる魅力ホールや劇場といった公共施設や高層ビルを眺めるのが大好きで、将来は建築に携わりたいという気持ちを持っていました。しかし、一口に建築といっても分野は幅広く、まずは広範な知識を得たうえで専門分野を絞りたいと考えていた私にとって、最初の2年間は学部共通で学び、3年次に学科を選べる工学院大学はとても魅力的に映りました。そして幅広く学んだ結果、デザインを極めたいという思いが強まり、建築デザイン学科で学ぶことを決めました。心地よく過ごせるインテリアをデザインしたいこれまでの授業では、「建築設計」が印象に残っています。最初は何をどう形にしていけばいいのか雲をつかむような状態でしたが、指導を受けるうちにそのプロセスを自ら考える力が身につきました。また、実際に現場で設計やデザインの仕事をされてきた先生方から、現場で培った経験に基づく話を聞けたことも、将来を考えるうえで参考になりました。最近の建築のキーワードの一つが「心地よさ」。リラックスして仕事ができるオフィスや居心地の良い店舗など、多くの人がかかわる商業空間のデザインに携わることを目標に学んでいます。構造・設備・計画・意匠のそれぞれの分野と設計のかかわりを学修。調査と企画から設計スケジュール立案の方法、その後の各分野の計画プロセスを知ることで、実践的に理解を深めます。ディテールの重要性を認識する「建築ディテール」高齢社会の住まいづくりを理解するために、高齢者の心理的、身体的特性を理解します。そのうえで、事例を踏まえて適切な住環境をデザインするために必要なテクニックについて学修します。高齢者のニーズと住まいの環境を学ぶ「ケアと住環境」既存の建築を活用する建築再生という手法や、歴史的建造物の保存・活用に関する歴史、思想、制度を学びます。さらにコンバージョン(建物の転用)の事例についても理解を深めます。建物を長く使い続ける方法を理解する「建築再生論」ショップ空間、食空間など実際にある商業空間を訪問し、空間デザインの手法を解析。商業空間の軌跡と20世紀後半につくり上げた空間デザインの価値を読み解きます。商業空間の独自の手法や歴史を知る「商業インテリア」学びの柱年次Kogakuin University 2019084建築デザイン学科建築学部

元のページ  ../index.html#85

このブックを見る