工学院大学 大学案内2019
77/148

人のくらしに寄り添った住み良いまちづくりを学んでいます3年次人のくらしを見つめ安全・快適で持続可能なまちづくりを考える地球規模で社会状況が変化する中、私たちがより快適に住み続けられるまちのあり方を考え、まちにかかわるさまざまな視点を学修、研究します。1・2年次に学んだ建築の基礎知識をベースに、より実現性の高いスキルを修得します。4つの分野を柱として、多角的な視点から住み良いまちについて考えます。年次4つの分野つくり手の視点住まい手の視点都市デザインランドスケープデザイン安全・安心環境共生まちづくり学科 3年池上 文仁さん東京都私立穎明館高校出身課題提出を続ける中で、積極的に学ぶ姿勢が身についた「多くの人に利用され、長く形に残るものが作りたい」という漠然とした考えがあり、進路選択では土木と建築の分野で悩みましたが、調べていくうちに建築の方がデザインや実用性、まちとの関連性など多方面での可能性を感じ、専門的に学びたいと建築学部に進学しました。1・2年次は、建築学の幅広い領域を基礎から学修。特に力を入れたのは「建築設計」の授業です。アイデア出しから試行錯誤し、模型用の素材集め、制作、やり直しなど課題も多かったため、生活の中心になりました。そのおかげもあって、日ごろから建築について考える習慣ができ、考察力も養うことができました。人々の生活が豊かになるまちづくりを探求2年次までの学びを通して、多くの人と密接にかかわりながら、生活環境の向上や地域活性化などを行うまちのコーディネートの分野に興味が湧きました。3年次はその分野を積極的に履修し、4年次には星研究室に入って、都市構造と土地利用計画に関する研究をする予定です。まちづくりや地域経営に取り組むエリアマネジメントという職種への就職を見据え、地域の人々が住み良いまちを追究したいと思っています。まちづくりには空間的な計画やデザインだけでなく、経済的な視点も重要です。特に不動産にかかわる経済学や事業制度など、実務で求められる経済的な観点を幅広く学びます。まちにかかわる経済のしくみを知る「まちづくり経済学」建築やまちづくりにかかわる植物材料の特性を学び、材料識別や植栽計画・植栽技術の基礎を身につけます。また身近な緑地に生息する植物を理解し、自然環境の特徴を把握します。植物や自然環境への知識を深める「環境植栽学」住宅の快適性確保に加えて、地域の土地利用、空間構成、生態系との関係、熱環境対策など、住みやすい住環境計画のための知識を修得。地域・都市との関係性を踏まえて住環境を捉えます。住みやすさを多角的な視点で考える「地域住環境計画」地震が多い日本では、建築においても地震防災が重要。地震工学と防災・減災の基礎を理解し、耐震設計法から自治体・企業の防災計画まで、地震災害を減らすためのノウハウを学びます。災害に強い建物やシステムを学ぶ「地震工学」学びの柱Kogakuin University 2019076まちづくり学科建築学部

元のページ  ../index.html#77

このブックを見る