工学院大学 大学案内2019
75/148

年次・一つの分野に軸足を置いて専門性を高める各学科で建築技術者として必要な専門性を身につけ、4年次には卒業研究に挑みます。柔軟なカリキュラムなので、専門とする学科・分野に軸足を置きながら、専門性を高めるうえで必要となる他学科の授業履修も可能。幅広い視点から建築技術者となるための専門知識を身につけます。まちづくり学科都市デザインランドスケープデザイン安全・安心建築デザインインテリアデザイン保存・再生デザイン建築デザイン学科建築計画建築構造環境共生福祉住環境デザイン建築生産建築設備建築学科■ 希望・適性に合わせて学科選択まちづくり学科建築学科P.075入学時現在まちづくり学科 3年本野 睦樹さん東京都私立日本学園高校出身災害に強いまちづくりのため防災の大切さを子どもたちに伝えたい入学したばかりのころは、都市計画や環境への関心が強かったのですが、減災学や地震工学などの授業を通して防災の重要性を認識。公務員として防災に強いまちづくりをしたいという思いが強くなり、3年次にまちづくり学科に進みました。現在は、子どもたちに災害に対する意識を高めてもらう防災教育の研究に取り組みつつ、自治体の防災団体でボランティア活動を行っています。建築学科建築学科P.079入学時現在建築学科 3年 中村 律子さん神奈川県私立森村学園高等部出身見えないところでくらしを支える建築設備の面白さを知りました当初はデザイン分野への興味が強かったのですが、普段目にすることが少ない設備が果たす役割の大きさを知り、いまは建築設備分野を究めたいと考えています。近年の公共施設などは、建物の長寿命化を前提に、さまざまな用途に対応する可変性が求められています。それぞれの施設がどのように使われるのかをイメージしながら、最適な設備設計を考える。それが空調設備の面白さだと思います。建築デザイン学科建築学部総合P.083入学時現在建築デザイン学科 3年赤沼 慧美さん神奈川県私立捜真女学校高等学部出身減災学の知識を学び災害に強く安心できる住宅を作りたい2年間学んだうえで、自分の適性にもっとも合うデザイン分野に進みました。震災により日本の住宅や住環境の課題が浮き彫りになっていますが、その中で減災学の考え方を取り入れた住宅設計を行っています。入賞したデザインコンペでは、住民の交流を促す土間や居場所を確認し合える中2階を設けた住宅を提案。卒業設計では、それをより深めた大規模集合住宅を設計しようと思います。学びの分野Kogakuin University 2019074建築学部

元のページ  ../index.html#75

このブックを見る