工学院大学 大学案内2019
74/148

学部共通カリキュラムで建築学の基礎を学ぶ建築学は諸学の融合。1・2年次は3学科共通で建築学の多様性を学びます。またコミュニケーションのツールとしての図面の描き方など、共通の基本スキルを修得。さらに2年次までに、一級建築士の受験資格取得に必要な科目の大半を履修します。年次・多角的な視点で歴史をひもとく「西洋建築史」 (1年次)西洋建築の各時代のデザイン面の特徴に加え、携わった人々や状況、意図などを多角的に学修。さらに近代以前の西洋建築のあり方を学ぶことで、近現代建築の革新性と日本の伝統的建造物の特質を理解します。外の環境と人の生活をつなぐ「ランドスケープデザイン」 (2年次)地域固有の環境や背景に基づき都市の外部空間のあり方を提案し、生活の質の向上を図るランドスケープデザイン。造成デザインと植栽デザインの知識と技術、ランドスケープデザインの役割を学びます。安全な建物を作る基礎理論「構造力学Ⅰ・Ⅱ」 (1・2年次)構造力学は、建物が重力や地震・風などに耐えて安全・安心を確保するうえで不可欠です。建物に作用する力と変形のしくみを理解し、その理論的な根拠として構造力学の基礎を身につけます。人の集う公的な空間を設計する「建築設計Ⅲ」 (2年次)レストハウスや幼稚園といった社会性のある設計課題を通して、建築空間のあり方を探ります。特にコンセプト構築のためのスケッチを重ねながら設計能力を高め、設計の苦労と楽しさを実感します。災害に強い地域社会づくりのための知識を学ぶ「減災学入門」 (1・2年次)社会に貢献できる人材育成をめざす3大学が連携した授業の一つです。防災・消防機関とも連携して災害に強い地域社会づくりのための知識を座学と実践により身につけます。上級救命士の資格も取得します。建築材料の特性や扱い方を学ぶ「材料実験」 (2年次)建築の実務に携わるうえで必要な建築材料の特性と、試験方法や計測方法を学修。また実際の建築工事を模したBox Architectureにより、一連の工程を通じてものづくりとその評価を体験します。まちづくり学科建築デザイン学科建築学科建築学部建築は工学的分野のみならず、芸術的分野、人文科学的分野、社会科学的分野の側面も持ちます。それらを横断的に学ぶことで、知識を有機的に実社会で生かすことができます。学びの柱芸術社会科学人文科学工学建築学Kogakuin University 2019073

元のページ  ../index.html#74

このブックを見る