工学院大学 大学案内2019
60/148

工学と芸術の視点で捉えるデザイン工学に魅力を感じる2年次さまざまな設備が整う環境で実践的な学びを満喫いつか自分でデザインしたものを動かしたい。それに最も近かったのがデザイン工学も学べるこの学科でした。私が好きな授業は、実際の工作機械を使う演習です。旋盤やフライス盤、マシニングセンタやアーク溶接など、実際に目で見てふれてものづくりを学ぶことができました。また、製図では手書き製図とCADを体験できるので、それぞれの便利さや大変さ、難しさなどを学ぶことができました。やりたいことはまだはっきりとは決まっていませんが、デザインと機械工学、どちらの視点も持ったエンジニアになりたいと思います。機械システム工学科 2年市原 知里さん千葉県立千葉西高校出身月火水木金土1機械システム工学加工演習機械システム製図Bキャリアデザイン2美術B3工業数学Bシステム工学B機構学及演習流体力学及演習4BasicAcademicEnglish Ⅱ生涯スポーツB5高度交通システムロボットの知能■・・・必修、選択必修科目2年次 後期機械工学の基礎と機械システムを設計する知識を修得1年次は機械システムの土台となる4つの力学の基礎を理解。基礎的な演習で心構えと基礎理論を、実習でものづくりの楽しさや課題を知ります。2年次は設計、製図、システム工学を学び、機械システムの設計法を修得します。機械工学の基礎として、力学の原理と機械の設計法を学びます。現象を体験してものづくりへの意欲を高める4力+機構学科目は演習を併せて行うことでより深く学ぶことができます。機械力学機構学材料力学流体力学熱力学4よんりき力+機構学つくる体験ロボットを製作し機械システム工学の基本を体験「メカトロニクス基礎演習」 (1年次)機械を動かすための基本的な理論を修得 「機構学及演習」 (2年次)メカトロニクス基礎演習では、移動ロボットを実際に設計・製作することによって、これから学ぶ機械を「動かす」ことに関する基礎を学びます。機械の構成に関する理論を学び、各機械部分の自由度の計算法や速度解析法、歯車機構の回転数比の計算方法などについて学び、演習を通して理解を深めます。また講義にはロボットの機構設計に関する知識の修得も含まれています。機械のシステムを設計するうえで必要な基礎知識を得る授業です。年次・学びの柱Kogakuin University 2019059機械工学科電気電子工学科機械システム工学科工学部

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る