工学院大学 大学案内2019
40/148

物理学の道具としての数学をじっくりと学ぶ世の中の事象の原理を表す物理学において、道具となるのが数学です。1年次では数学を徹底的に身につけることを重視します。また幅広い自然科学を学ぶと同時に、物理学がかかわるさまざまな領域を知ることで、工学的に応用していく礎を築きます。応用物理学物理学で道具として使用される物理学を社会の事象に当てはめ活用する数学幅広い学びの分野が好奇心を刺激する工学院大学出身の兄から、授業や実験設備が充実しているという話を聞いて入学を決めました。工学と物理学のどちらも興味があった私にとって、それらを含む幅広い学びを提供してくれる応用物理学科は理想的でした。数学と物理学のつながりを教えてくれる「自然科学の歩き方」、ニュートン力学をとことん学べる「応用力学Ⅱ」など、根本的な理論を初めて知ることで、物理学の面白さを改めて感じることができました。また、たくさんの研究室を訪ね、研究内容を教えてもらいながら専門分野を知る「応用物理学セミナーA」は、研究室選びをするうえでもとても参考になります。今後は、それをきっかけに関心を持った材料分野に進みたいと考えています。応用物理学科 2年清田 百合恵さん東京都立町田高校出身月火水木金土1倫理学A回路理論Ⅱプログラミング演習Ⅰ熱・統計力学回路理論Ⅱ2科学と倫理熱・統計力学応用力学Ⅰ応用力学I3BasicAcademicEnglish I真空工学ナノエレクトロニクス物理化学入門応用物理セミナーA4政治学A無機・有機材料入門5■・・・必修、選択必修科目2年次 第1クォーター基本となる数学をマスターする「物理数学」(1年次)力学、解析力学、電磁気学などの物理現象を統一的に記述するためには、基本法則を理解する必要があります。その記述手段となる数学を学び、使えるようになることをめざします。年次・(前期)工学を原理から見つめるための物理学を身につけます。学びの柱情熱あふれる授業を通して物理学の醍醐味にふれました2年次バラエティ豊かな研究室を知る「応用物理セミナー A~C」(2・3年次)チームを組んでさまざまな研究室を回り簡単な実験を行ったり、課題に取り組んでプレゼンテーションを行います。各研究室がどのような専門分野に取り組んでいるか理解するとともに、課題解決のプロセスを体験することで、4年次の卒業研究へのイメージを持つことができます。Kogakuin University 2019039生命化学科環境化学科応用物理学科機械理工学科応用化学科先進工学部

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る