工学院大学 大学案内2019
34/148

自然科学の体系と工学の基礎を学び環境分野の入口を知る自然科学の学問体系を学んだうえで、化学系の基礎科目や実験・実習を通じて、専門分野の基礎となる理論や計算方法、研究に必要な実験技術を身につけます。1年次後期からは環境にかかわる授業も始まります。専門を学ぶ土台となる化学の基礎と、それらが環境保全にどう役立つのかを学びます。環境化学化学基礎5科目の理論や実験技術環境問題への導入となる知識より大きなスケールで環境問題に取り組みたい世界中で資源が無駄に使われ、地球に大きな負荷を与えていることに昔から問題意識を持っていました。社会の意識をもっと環境問題に向けるためには、まず自らが専門知識を身につけなければいけない。そう思ったことが環境化学科に進んだ理由です。環境問題の歴史から対策、法律まで幅広く学べ、環境意識を高めてくれたのが「地球環境工学」の授業。それ以来、家族に提案して自宅の照明をLEDに替えるなど、身のまわりのことから改善に取り組むようになりました。より大きなスケールで環境に貢献できるよう、製品やサービスが環境に与える影響を評価する手法であるLCA(ライフサイクルアセスメント)について学んでいきたいと考えています。環境化学科 2年清水 由梨さん東京都私立淑徳巣鴨高校出身月火水木金土1哲学B図学及び製図演習環境材料化学大気環境工学2 倫理学B機械工学・材料加工学概論環境分析実験3心理学B移動現象キャリアデザイン4BasicAcademicEnglishⅡ移動現象演習5化学工業総論■・・・必修、選択必修科目2年次 第3クォーター環境問題への理解を深める「地球環境工学」 (1年次)環境化学科で学ぶ強み「化学工学基礎」 (2年次)環境汚染への対策方法を知る「環境施設見学」 (2年次)環境問題の歴史的背景として、これまでの問題や対策、法律、技術開発などを学びます。さらに現在のさまざまなスケールの問題について、エネルギーや社会経済とのかかわりも踏まえて考えます。化学を利用した製品・装置を作る手法として発展してきた化学工学は、環境問題やエネルギー問題の対策を考えるうえでも極めて重要な学問であり、化学工学をしっかり学ぶことが環境化学科の特長の1つです。2年次後期・3年次により専門的に学ぶ化学工学の基礎的な考え方を早い段階で学びます。水処理や排ガス処理など、環境を保全するための施設や環境問題に積極的に取り組む企業を訪れます。実際の取り組みを見ることで、処理の必要性やそのしくみ、現状の課題といった、くらしと環境にかかわる考えを深めます。年次・(前期)学びの柱世の中の意識を変えるため、まずは自分自身が環境分野をしっかり学ぶ2年次Kogakuin University 2019033生命化学科環境化学科応用物理学科機械理工学科応用化学科先進工学部

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る