工学院大学 大学案内2019
23/148

専門性を深めて医療や生物資源への化学的なアプローチを学ぶ3年次にはより高度な生命科学と有機化学を学び、化学者としての土台を築き上げます。複雑な生命現象を化学という言語で理解し表現する力や、有用な化学物質を創出し、医薬品や医療技術の開発、生物資源の有効利用に応用するための知識を修得していきます。生命現象を新たな手法で探る「ケミカルバイオロジー」 (3年次)有機化学的アプローチと分子生物学的アプローチで核酸やタンパク質に変化を与えることで、未知の生命現象を解き明かす手法を修得します。融合領域植物の生理機能を理解する「植物生理学」 (3年次)植物の働きとそのしくみを理解するとともに、基本的な細胞構造から始まり、光合成、植物ホルモン、植物と環境ストレスとのかかわりなど、植物のメカニズムを学びます。生命科学逆合成の考え方を身につける「医薬品合成化学」 (3年次)化学反応や化合物の性質についての知識をもとに、目的とする物質を合成するための効率的な経路を決定する方法を学び、天然物合成や医薬品合成に用いられる反応を修得します。有機化学生命科学有機化学融合領域(ケミカルバイオロジー)生命の営みのしくみを理解する鍵となる有機化合物を合成する生命の営みを化学反応で解明する生命を司る遺伝子の研究に没頭遺伝子は配列の1か所に変異が起きただけでも重大な疾患を引き起こす可能性があります。また、代々受け継がれる遺伝子の性質を利用して生物の進化の過程を探ることもできます。そんな遺伝子の奥深い世界を探究するため、小山先生の生物医化学研究室に入りました。論文も多く発表しており、アカデミックな雰囲気が特長の研究室には、博士課程の学生も多数在籍。ここなら世界レベルの研究に取り組めると確信しました。特別研究員としてより大きなテーマに挑戦学部時代から継続しているのが、キチナーゼという酵素に関する研究です。キチナーゼは多くの動物の体内で合成されており、キチンという物質を分解するのに使われています。キチナーゼはダニやカビなどから体を守る働きを持つ一方、ぜんそくやアルツハイマーを患ったときに体内のキチナーゼが増えることがわかっており、疾患との関連性が示唆されているとても興味深い物質です。私は、ニワトリやブタのキチナーゼの働きについて調べ、これまでに4本の論文を発表しました。毎日のように向き合っていると愛着もひとしおで、論文という形で世に出したときは、我が子を育て上げたような気分になりました。研究が評価された結果、日本学術振興会の特別研究員に選ばれたため、今後は博士課程に進み、さらに大きなテーマに挑戦したいと思っています。化学応用学専攻 修士 2年生物医化学研究室田畑 絵理さん東京都私立大妻多摩高校出身4年次の研究生活を体験しながら理解する「生命化学特別研究」 (3年次)4年次の研究活動に向けて、希望する研究室において指導教員や研究室に所属する4年生、大学院生の指導を受けながら、研究活動に必要な専門知識や実験技術を学ぶとともに、研究室で行われている研究のテーマや内容を把握します。年次・(後期)未知の部分の多い酵素であるキチナーゼの機能を解明する修士2年生命科学と有機化学を修得し、さらに双方の考え方をケミカルバイオロジーでつなぎます。学びの柱Kogakuin University 2019022生命化学科先進工学部

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る