工学院大学 大学案内2019
13/148

日本で唯一、本格的なハイブリッド型航空操縦士養成プログラム(ハイブリッド・フライトトレーニング・プログラム)を導入取得をめざす 資格身につく力憧れの航空業界へ確かな道を切り拓く●国内外の航空業界で活躍できる実務的な能力(資格)が身につく●エンジニアとして求められる高度な工学の知識が備わる●グローバルな環境で活躍できる人間力が高められる卒業・修了後の進路●パイロットとして活躍【固定翼】国内外の航空会社にパイロットとして就職【回転翼】自治体・消防・警察・ヘリコプター運営会社などでパイロットとして就職●航空業界で活躍・飛行教官として国内の飛行訓練機関に就職・FAA飛行教官(CFI)としてアメリカの飛行訓練機関に就職・エンジニアとして航空会社に就職●工学の知識を生かして一般企業で活躍機械理工学科で学んだ高い工学の知識や、飛行操縦の経験や知識、さらにアメリカでの留学経験や語学力など4年間で備わった能力を発揮し、さまざまな分野、業界での活躍が期待される。■航空無線通信士 ■航空英語能力証明■ICAO自家用操縦士(固定翼・回転翼タービン・回転翼ピストン)■FAA事業用操縦士・CFI(飛行教官)(固定翼・回転翼)※米国で取得の場合■JCAB航空従事者技能証明(自家用操縦士/固定翼・回転翼タービン・回転翼ピストン)■JCAB航空従事者技能証明(事業用操縦士/固定翼・回転翼タービン・回転翼ピストン)■操縦教育証明(飛行教官/固定翼・回転翼タービン) ほか航空理工学専攻(機械理工学科)“エンジニア・パイロット”育成で、航空業界の未来を担う世界的にパイロットの需要が飛躍的に増加してます。工学院大学は、日本で初めて開発した「ハイブリッド留学R」プログラムを活用するとともに、多様な選択が可能となる独自のカリキュラムで、高度な工学知識とパイロットの技術を兼ね備えた「エンジニア・パイロット(Engineer Pilot)」を養成します。P.043~ 機械理工学科機械理工学科NEWPOINT!機械工学の知識を備えたパイロットを養成日本初・日本唯一固定翼・回転翼から選択可能日米で体験を積みグローバルな人材を育成パイロット以外の道も選べる1243航空理工学専攻機械理工学専攻Kogakuin University 2019012

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る