工学院大学 大学案内2019
116/148

社会人基礎力を高めるプログラム社会で必要となる力を身につける学びのサポートLearning Support入学後に全1年生を対象にして、社会人基礎力を測るPROGテストを実施。その結果をもとに自己分析を行い、自分の強みと弱みを知り、4年間の課題を発見します。さらにキャリアデザインノートを活用した継続的な取り組みで、社会人として求められる人間力の向上をめざします。特に理系の学生が苦手とすることの多い、文章力の強化とコミュニケーション力を高めることに重点を置いた講義です。レポート作成や議論・討論を通して、文章を書く力や、異なる意見を受け止めたり、自分の考えを明確に伝える技術を高め、論理的な思考力や柔軟な発想力を養います。社会では、人とかかわっていくことが大事です。そのためグループワークを中心に、将来について考えていきます。授業では自らの専門分野と関係する業界・業種などの研究のほか、大学の卒業生などを招いた講義などを通して、学びが社会でどのように生かされるのかを認識し、就職への意識を高めていきます。自分を見つめ、課題と向き合うPROG+キャリアデザインノート表現する技術と能力を磨くロジカルライティング学びと仕事との関係を知るキャリアデザイン科目■ 学習支援センター専門分野を学ぶには、工科系の基礎科目である数学・物理・化学や英語を理解していることが必要になります。学生が「より楽しく、確実に」学べる環境を整えるため「学習支援センター」を設置。入学前に十分修得できなかった科目と大学の講義を結びつける基礎講座と、一人から可能な個別指導を実施しています。また、より高い学力を身につけようという志を持つ学生に対するハイレベルな指導も行います。【基礎講座】高校で数学Ⅱ・Bまでしか学んでいない学生や、物理や化学、英語などの基礎学力に不安を抱える学生のために、大学での学修内容の基礎を一から教える基礎講座があります。少人数の講義形式で、学科指定講座と全学部・全学科向け講座の2種類があり、前期・後期それぞれに開講しています。【個別指導】大学の講義内容などに関する学生の疑問に、センター講師がマンツーマンで答えるのが個別指導です。苦手科目の克服や、高校までの基礎学力の確認、未履修科目の補習、レポート作成のアドバイス、試験勉強のサポートなど、各自に適した指導を実施。個人でもグループでも受けられます。【自習スペース】勉強中にわからないことがあればすぐにセンター講師に質問できて便利。また学習支援センター文庫の参考図書も利用できます。基礎講座の主な内容WEB予約学内のポータルシステムであるキューポートを利用して、個別指導の予約が可能。あらかじめ予約した時間帯には優先して指導が受けられます。数 学「数学Ⅰ」「基礎数学」「微分」「積分」の内容の理解をめざして、基礎から勉強します。物 理高校で物理を履修していない人でもわかるように、一から勉強します。化 学全学生を対象に、高校で化学を履修していなかった学生にも役立つように勉強します。英 語高校までに学修した英文法や英文読解のコツを復習して、大学の講義に備えます。Kogakuin University 2019115

元のページ  ../index.html#116

このブックを見る