工学院大学 大学案内2019
114/148

サポート工学院大学のサポート社会で活躍できる確かな力を磨き、高める社会で求められる人材工学院大学の学びのサイクル工学院大学では、就職をゴールとするのではなく、その先でいかに活躍できるかを重視。自らの力で社会を生き抜く力を備えた人材の育成を目標に掲げ、実践的な学びとサポートを充実させています。基礎知識を身につけるとともに、実験などで手を動かすことを重視。ものづくりの楽しさから学修意欲を喚起します。同時に、将来への意識を高めるプログラムも実施します。目標を立てる計画立案力経験を積む実践力コミュニケーション力自分を知る課題発見力社会を見据えた成長への取り組みどんな時期Support of Kogakuin UniversityCheck!学習支援センター 専門分野を学ぶ前提となる基礎科目(数学・物理・化学・英語)を中心に、万全のサポート体制で確実な基礎力を養います。P.115■ 学生の4年間カレンダー課題を発見し、解決策が立案できる異なる文化や価値観の人ともうまくかかわることができる自己を管理し、自らの意志で行動できる年次2年次11234実習・演習を交えて専門科目の基礎を幅広く学び、自らの興味・関心分野を見つけます。ほかにも、ハイブリッド留学®、キャリアデザイン科目など豊富なプログラムを用意しています。1234Check!PROG+キャリアデザインノート将来に備えて1年次から自己分析を習慣化することで、客観的に自分自身を捉えることができるようになります。P.115Check!ハイブリッド留学®海外での経験を積むことで視野を広げ、グローバルな意識を高めることを主眼に置いた、工学院大学独自の留学制度です。P.116Check!キャリアデザイン科目仕事や職業に対する知識を身につけ、実践的なスキルを磨きます。社会で活躍する先輩の話を聞く機会もあります。P.115※学部により実施時期が異なります。Kogakuin University 2019113

元のページ  ../index.html#114

このブックを見る