工学院大学 大学案内2019
112/148

■ ものづくり支援センター「ふらっと」2015年春に竣工したものづくりの拠点となる大型施設、ものづくり支援センター「ふらっと」。機械工作実習を中心に、授業や課外活動の中で学生のものづくりを支援しています。内部は柱のない構造で、学生の情熱に応える広大な実習スペースが広がっています。女子学生のためのロッカールームやパウダールームも完備。■ 製図室・設計室ものづくりに必須な、設計を学ぶための施設も充実。3Dプリンタなどの新しい設備も授業で使用でき、ものづくりの幅が広がります。■ 情報科学研究教育センター八王子・新宿の両キャンパスにある、主に情報系の授業や研究で使われている演習室。高速ネットワークが整備されている快適な作業環境です。最新設備の整った環境で実験や研究に取り組む工学院大学には、各学部の研究に役立てられるさまざまな施設があります。中には、企業でも使われるような専門的な実験設備も。整った環境があるからこそ、学生たちはそれぞれの研究をとことん突き詰めることができるのです。施設紹介 研究室所属学生たちの実験棟をみれば、大学でどんな先端研究が行われているか理解できるはず(化学応用学専攻・男子)旋盤や3Dプリンタから一軒家が買えるほど高額な工作機械まで使える(機械工学科・男子)工房・化学実験棟は実験設備がなんでも揃っていてしかもきれい(化学応用学専攻・女子)使い切れないのが惜しいほど設備が充実(コンピュータ科学科・男子)クリーンルームなど珍しい施設で実験できる(機械システム工学科・男子)REAL VOICEKogakuin University 2019111

元のページ  ../index.html#112

このブックを見る