工学院大学 大学案内2019
109/148

卒業生INTERVIEWKDDI株式会社柳井 理紗子さん2016年 システムデザイン専攻 修士課程修了その学びを社会へ   4年次までは情報学部で学びましたが、企業人として求められる経営的な視点も身につけたいと思い、大学院では情報学専攻ではなく、システムデザイン専攻を選択。大学院の2年間では、マネジメントや英語でのコミュニケーションなど、経営に必要なスキルを学べただけでなく、企業の展示会やインターンシップに参加する機会も多かったため、学んでいることが社会ではどのように生かされるのかを肌で感じることができました。そのときに出会った方々とは現在も交流があり、私にとって大きな財産となっています。また、在学時に携わったサポートスタッフの活動も、社会に出てからとても役立っています。これは、入学を希望する高校生のために、キャンパスを案内したり、学びの内容を説明したりするものですが、大学の学びを知らない人にもわかるように工夫をして伝える経験は、仕事でも似たようなシチュエーションがあるため、応用ができています。就職にあたっては、インターネットを使った新しいサービスを開発できる企業を志望しました。そのためには、技術力が高く、インフラを持っている会社が理想的だと思い、KDDI株式会社を選びました。入社当初はエンジニアとして、スマートフォンを使った支払いシステムの構築やショップで働くスタッフの方々が使用するWEBサイトの開発に携わりました。その後、新しい部署に移り、社内で企画を立てたシステムを、外部企業と連携して開発する業務にあたっています。これまでは自分自身が作業を行うプレーヤーでしたが、現在の業務ではマネジメント能力が求められます。こちらが考える仕様をより正確に理解してもらう表現や、進捗状況をコントロールすることの難しさを実感しています。今後は、人にわかりやすく伝える力をさらに磨きつつ、多くの人をマネジメントできる立場へとステップアップしていきたいと考えています。サポートスタッフとして活動していたときの一枚。この経験が、後の就職活動において、大きな力になってくれました。 思い出の一枚PCを持ち歩くことが多いため、PCケースにはこだわりました。かわいい柄と肩掛けできるストラップがお気に入りです。柳井さんのマストアイテム知識や技術だけでなく経営にかかわるスキルを学べたことが現在の仕事に生きています。“”自分の視野を広げるため、大学院で新しい分野を学ぶ新たな部署に移り、マネジメント能力を磨くKogakuin University 2019108システム数理学科情報学部

元のページ  ../index.html#109

このブックを見る