工学院大学 大学案内2019
108/148

社会や企業のニーズを反映した研究に取り組み卒業論文にまとめる卒業研究では、実社会のニーズを意識して自ら研究テーマを選定。個々の情報技術だけでなく、対象とする組織の全体をシステムの視点で捉え、複合的な課題を解決に導くプロセスを実践します。ここで鍛えた全体を考える力によって、卒業後の就職先は情報系企業だけでなく、すべての業種、企業へと広がります。研究領域のキーワード数理統計ゲーム理論アルゴリズム理論ビッグデータ解析実世界センシングインメモリコンピューティング情報検索・推薦データマイニングデータベース論リーダーシップインターネットサービス経済分析情報可視化企業情報システムマーケティング理論シミュレーション機械学習技術経営意見を出し合うことでアイデアの質を高めたり、新しい発想が浮かぶこともあるので、ブレインストーミングを積極的に活用しています。プログラムを組み、精度を検証します。見つかった課題は研究室のメンバーにもフィードバックして、解決策を探っていきます。論文は論理的でわかりやすいことが大切。先生に確認してもらう最初の原稿は、赤ペンで真っ赤になります。 研究のプロセス“東京でいうハチ公のような待ち合わせスポットを大阪に当てはめると何になるか?”といった「人間的な感覚」を、ウェブ上の膨大なデータを分析し、類似度を計算することによって導き出す、新たな情報検索・推薦の技術を研究しています。研究室では基本的にそれぞれが一つの研究テーマを持ちます。それにより、時間管理、資源管理、進捗管理、他者との協調など、プロジェクトリーダーとして必要な能力を身につけます。インタラクティブメディア研究室北山 大輔 准教授ウェブ上のデータを使い新たな情報検索技術を生むLABORATORY システム数理学科 研究室一覧 一人ひとりが研究のストーリーを発表し、さらにディスカッションを重ねます。この期間に、半年近い時間を割くこともあります。157技術経営研究室新井敏夫 教授新宿キャンパステーマ・クラウドキャスティング・MOTの実践的研究 など158応用経済分析研究室矢﨑敬人 准教授新宿キャンパステーマ・デジタルエコノミーにおける企業行動と 産業組織・イノベーションの経済分析・競争政策や知的財産政策 など159分散アルゴリズム研究室真鍋義文 教授新宿キャンパステーマ・計算をセキュアに行うアルゴリズム ・公平な分割を行うプロトコル ・耐故障分散アルゴリズム など163経営情報システム研究室三木良雄 教授新宿・八王子キャンパステーマ・実世界センシング・ビッグデータ解析・データ処理アーキテクチャ など164ヒューマンインタラクション研究室大和淳司 教授新宿・八王子キャンパステーマ・複数人対話の言語/非言語データ分析・同期/非同期コミュニケーション支援・マルチモーダル情報の分析と機械学習 など160インタラクティブメディア研究室北山大輔 准教授新宿キャンパステーマ・地理情報データベース・意外性のある情報推薦・意図に基づく情報検索 など161数理解析研究室竹川高志 准教授新宿キャンパステーマ・確率モデルによる学習理論と予測 ・集団における協調行動の解析・神経回路の情報処理機構の解明 など162知能情報研究室橘 完太 准教授新宿キャンパステーマ・見えないものを見せるデータマイニングと可視化・地球規模気象データや人体運動データ などの3次元アニメーション表示 など卒業論文研究にさらに興味が湧いたら別冊の「研究室ガイド」をご覧ください。情報通信工学科情報デザイン学科システム数理学科コンピュータ科学科情報学部年次Kogakuin University 2019107

元のページ  ../index.html#108

このブックを見る