岡山大学 大学案内2018
66/86

農学部コース紹介 農芸化学は、生物の働きを化学(分子レベル)で解明し、食料・健康・環境を通じて社会に役立てることを目指す学問です。生命現象は、成長や運動を司る高分子と、制御する低分子(ホルモン・フェロモン等)のやりとりから始まります。この出会いの鍵となる物質を探る「天然物化学」は創薬に繋がり、生命活動の支えとなる物質循環を調べる「生物化学」は食料増産や予防医学研究にも欠かせません。「遺伝子工学」も、合成化学の代替としての物質生産に留まらず、生命科学全般に無限の可能性を秘めています。私達は、生物学の基盤となる物理学と化学に重点を置き、常に基礎から思考できる生物科学者の育成を目指しています。ともに頑張りましょう。農芸化学コース化学の目&手で、生物を見る&使う研究ユニット●天然物有機化学●食品生物化学●生理活性化学●生物情報化学●糖鎖機能化学●微生物機能学●微生物遺伝子化学応用植物科学コース植物の不思議から世界の食糧生産まで研究ユニット●遺伝子細胞工学●作物生産技術学●ゲノム遺伝解析学●果樹園芸学●植物病理学●野菜園芸学●植物遺伝育種学●作物開花制御学●農産物利用学●作物学●農産物生理学応用動物科学コース動物資源から人類の健康と豊かな生活を研究ユニット●動物生殖生理学●動物遺伝学●動物生殖細胞工学●動物栄養学●動物生理学●動物応用微生物学●動物遺伝育種学環境生態学コース地球の資源と環境をサイエンス!研究ユニット●緑地生態学●進化生態学●森林生態学●生物生産システム工学●土壌環境管理学●食料生産システム管理学●水系保全学●資源管理学●昆虫生態学 身近に普通に生えている植物。実は、“普通”であるために数々の巧みな機能をもつことが日々明らかにされています。このような機能の中には、爆発的に増加している世界人口を支える食糧生産、地球環境変動下での安定生産、環境に優しい作物生産を可能にする鍵がたくさん隠されています。本コースでは、植物が持つ多様な機能を分子・遺伝子・個体レベルで理解し、さらにその成果を農作物生産に応用するための研究・教育を行っています。本コースの学生は大学院への進学率も高く、研究者・技術者としての素養を培い、食品・農業・種苗・化学関係などの分野で活躍しています。植物の不思議から世界の食糧生産まで、私たちと一緒に学び、考えましょう。 応用動物科学コースでは、各種動物の成長と繁殖、遺伝育種など、生産に関わる諸機能を解明し、良質で安全な動物性タンパク質の生産・利用技術の向上のみではなく、広く動物界が人類に貢献できることを目指しています。そのために、有用動物資源の創生・保護、そして畜産食品の品質、保蔵、加工に関する理化学的、微生物学的技術開発、健康・医療支援など動物生命科学の発展に寄与する研究・教育が行われています。このコースの学生は、大学院への進学率も高く、動物生命科学領域に関わる基礎と応用力を身につけ、動物生産業、食品産業、医療・薬品産業に関連する研究分野で活躍できる人材を養成します。 望ましい生態系ってどんな生態系? どうすれば保全できるの? 生物多様性って進化って何? 食料の安全と安心はどうやって得られるの? 食料を効率的に生産するには? 食料と資源を持続的に確保するには? このような問いに答えることができれば、地球はもっと良くなる。地球を守り私たちの生命を守るためには、このような問いに答えなければならない。そのためには、基礎から応用まで、さまざまな視点から研究しその情報を発信してくことが大切。 私たちのコースでは、生態学、工学、社会学、経済学の視点から、これらの課題に取り組みます。私たちと一緒に問いの答えを探しませんか!

元のページ  ../index.html#66

このブックを見る