山梨県立大学 大学案内2019
50/54

奨学金貸与種別区分貸与月額自宅通学自宅外通学第一種(無利子)大学45,000円40,000・51,000円20,000・30,000円大学院50,000または88,000円第二種(有利子)大学20,000~120,000円(10,000円単位)より選択大学院50,000・80,000・100,000・130,000・150,000円より選択【入学時特別増額貸与奨学金(有利子貸与)】※申し込みには条件があります。大学・大学院共通 100,000~500,000円で10万円単位で希望する金額【緊急・応急採用】※家計急変時のみ申し込むことができます。日本学生支援機構(無利子・有利子貸与)経済的理由等により授業料・入学料の納入が困難であると認められる学生に対し、選考の上、予算の範囲内で、授業料半期分の全額又は半額、入学料の全額又は半額を減免する制度を実施しています。(授業料については、半期ごとに説明会を開催しています。)減免の対象となるのは、次の各号のいずれかに該当し、かつ学業優秀と認められる場合に限られます。・山梨県看護職員修学資金 (看護学部) 月額32,000円 (看護学研究科) 月額83,000円・山梨県介護福祉士等修学資金  対象:人間福祉学部 福祉コミュニティ学科 介護福祉士養成課程 月額50,000円以内※その他、要件によって加算される場合がありますので、  詳細は学務課へお問い合わせください。※この他にも各種奨学団体から奨学生募集があります。 大学あてに通知があった場合は、その都度掲示でお知らせしています。※掲載情報は平成30年3月現在のものであり、変更になることがあります。学費・奨学金・授業料等の減免制度授業料・入学料減免制度Ⅰ 授業料減免対象者  ① 授業料を主として負担している者(以下「学費負担者」という)が経済的理由により、    授業料の納入が困難と認められるとき  ② 学費負担者が天災その他不慮の災害を受けたため、著しく生活困窮と認められるとき  ③ 学費負担者が死亡又は長期の傷病にかかったため、著しく生活困窮と認められるとき  ④ その他やむを得ない事情があると理事長が認めたときⅡ 入学料減免対象者 ※入学前一年以内の状況を考慮します  ① 学費負担者が天災その他不慮の災害を受けたため、著しく生活困窮と認められるとき  ② 学費負担者が死亡又は長期の傷病にかかったため、著しく生活困窮と認められるとき  ③ その他やむを得ない事情があると理事長が認めたとき奨学金制度として次のものがあります。その他の奨学金入学料県内在住者282,000円県外在住者470,000円授業料(年間)535,800円● 入学料・授業料 (平成30年度入学生の学費を掲載しています ※学部・院共通)注2) 学費(入学料・授業料)については変更することがあります。また在学中に授業料の 改定が行われた場合には改定時から新授業料が適用されます。注3)大学院看護学研究科看護学専攻は、教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座に指定さ れています。一定の条件を満たして修了した場合、本人が支払った教育訓練経費の 一定割合に相当する額(上限10万円)がハローワークから支給される制度です。 詳細は厚生労働省ホームページでご確認ください。学費注1) 県内在住者とは入学の日の1年前から引き続き山梨県に住民票上の 住所を有する者をいいます。49

元のページ  ../index.html#50

このブックを見る