山梨県立大学 大学案内2019
13/54

他学部に開放された教養的な専門科目が用意されています。国際関係論/平和と安全保障/コミュニケーション基礎/生涯スポーツ/リラクゼーション/救急法/災害支援/国際協力 など■ 学部開放科目県内の大学が参加する「大学コンソーシアムやまなし」および「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の単位互換制度によって、他大学で履修した科目や、大学間協定に基づき外国の協定校で修得した科目を「全学共通科目」として認定します。■ 自由科目 山梨学Ⅰについて 「山梨」の現状や特徴について、産業、福祉、健康など、多面的・総合的に学びます。3学部の教員が担当しますが、地域で活躍している方をゲストスピーカーとして招き、実践的な話や先端的な活動を聞く機会があります。また、地域をより具体的に知るために、現地視察を行います。 授業を履修し所定の要件を満たすと、山梨県知事より「やまなし観光カレッジ修了証」が交付されます。在学中・卒業後に山梨の魅力について発信していただくことが期待されています。。全学共通科目は、飯田・池田両キャンパスで開講され、ほとんどの講義を全学部の学生が受講できるため、学生の学部間交流が可能です。□全学共通科目入学直後の合宿、集中的な授業、ワークショップなどを通し、教職員、先輩学生あるいは同級生との交流を図りながら、大学生活の目標を立て、大学生らしい学修方法や生活態度について学びます。■ スタートアップ・セミナー(導入科目)広い視野に立って、人間あるいは人間を取り巻く世界に関わる様々な分野の教養的知識を深め、思考力や判断力、主体的に学ぶ態度を身につけるための科目を提供します。■ 教養科目 人間と思想/人間と芸術-美術・音楽・文学/人間と心/人間と社会/山梨学Ⅰ・Ⅱ/グローバル化論/ジェンダー論/社会と政治/宇宙の科学/環境論/プレゼンテーション/カウンセリング基礎 など国際化する現代社会を生きていく上で必要なコミュニケーション能力、情報リテラシー、運動と健康、キャリア形成など、基礎的なスキル・実践力・態度を身につけるための科目を提供します。特に、英語をはじめとする外国語の習得を重視します。一部の英語科目について、TOEIC等の得点による単位認定を行っています。■ 基礎科目 英語(総合英語Ⅰa・Ⅰb・Ⅱa・Ⅱb、英語コミュニケーションa・b)中国語Ⅰa・Ⅰb・Ⅱa・Ⅱb韓国語Ⅰa・Ⅰb・Ⅱa・Ⅱbスペイン語Ⅰa・Ⅰb・Ⅱa・Ⅱbフランス語Ⅰa・Ⅰb・Ⅱa・Ⅱb情報リテラシー/生活と情報/運動と人間-講義・実技Ⅰ・実技Ⅱ・実技Ⅲ・実技Ⅳ/生活と健康/キャリアデザインⅠ・Ⅱ など12

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る