尾道市立大学 大学案内2019
88/140

84油画コース 油画コースではどのような局面でも自分らしさを引き受け展開していける力、自分の可能性を信じる力をアーティストパワーと考えます。これを4年間で身につける事を目標としています。油画実習Ⅰ(2年次)基礎体力をつける 自分はものをどう感じ取り、どう捉えているのだろう。人体、静物、風景等身近なモノをモチーフに油彩を中心に様々な描画材料での表現を通じて自分の感覚を探ってゆきます。また下地実習では描画材料や基底材についての理解を深めます。他に演習として壁画技法演習、テンペラ画技法演習があります。油画実習Ⅱ(3年次)自分の特性をさがす 自分は何をどう表現したいのか。尾道近隣のフィールドを活かした風景課題や後期に行う自由制作等を通じ、自己の表現を多角的に模索していきます。古美術研究(演習)では実際にヨーロッパを訪れ、古代からルネッサンス、近代、現代の美術作品や建築、それを培ってきた現地の風土に直に触れます。油画実習Ⅲ(4年次)自分の力を信じてやりきる 油画実習Ⅰ・Ⅱを踏まえ、各自テーマを掘り下げて卒業制作に取り組みます。後期終了時には卒業制作展を行い、4年間の成果を社会に向けて発表します。

元のページ  ../index.html#88

このブックを見る