尾道市立大学 大学案内2019
78/140

74美術学科 尾道というところは瀬戸内特有の島々が織りなす景観、多くの海産物、山間の里山風景や暮らし、植物や動物等、市街地には歴史ある寺院や街並み、郷愁を誘う伝統の行事、コンパクトながら自然や文化が凝縮された街に尾道市立大学美術学科が有るのは必然なのかもしれません。 昨今の美術世界は多岐にわたり様々な表現や考え方が広がりをなして従来の概念では量れなくなってきています。しかし大学に於いては普遍的な美術の根幹というべきものを学んでいきます。 たくさんの好奇心や刺激を受けて何もないところから表現を模索する行為は幅広い視野と観察、強い意志と信念、何よりも基礎的な造形力が必要です。より良い作品をつくるために志を同じくする者が励まし合い、競い合い共に向上していくことこそ、大学で学ぶ意義と考えます。学生たちは日々その先にある独創的な自らの世界を目指して努力しています。 みなさんと学べることを心から楽しみにしています。芸術文化学部 学部長吉原 慎介

元のページ  ../index.html#78

このブックを見る