尾道市立大学 大学案内2019
59/140

Japanese Literature055 私の専門領域は日本近代文学です。明治時代から昭和期までの文学を主要な研究対象としています。作家で言えば、夏目漱石や小林秀雄といった文学者たちが対象です。さらに現在は、自分の研究領域を小説や評論といったジャンルに限定せず、映画など活字メディア以外の分野についても考察しています。 近年、文学研究の世界は多様化し、一昔前では文学研究の領域とは見なされていなかったジャンルに関する研究もなされるようになってきました。学会の研究誌にも、アニメーションなどのサブ・カルチャーや映画に関する研究論文が掲載される時代になりました。 こうした新たな文学研究の動向にも配慮し、多様なジャンルの表現にも視野を広げてもらえるよう、講義・演習をおこなっています。右は、近現代文学専門演習という授業において、昨年度の学生たちが自主的に取り組んだ研究テーマをもとに履修学生荒木鈴菜・戎ひなた・志茂あおい・多田琴音(以上柴ゼミ3年生)がデザインしました。これをご覧いただくと、文学の勉強と言っても、有名な作家や小説についての研究ばかりでなく、今日では実にさまざまな切り口があることをおわかりいただけると思います。日本近現代文学日本文学科・教授柴 市郎

元のページ  ../index.html#59

このブックを見る