尾道市立大学 大学案内2018
51/140

047Japanese Literatureアドミッション・ポリシー 日本文学科の教育理念は、日本の文学や言語についての専門知識や芸術文化への理解など、幅広い視野と深い教養を身につけた人材を育成し、人々の精神生活を豊かにし、社会の発展に寄与することにあります。 また、本学科の教育目標は、しっかりとした基礎学力の上に、広く芸術や文化を学びながら日本文学と日本語学の専門分野での研究を深め、構想力・論理的思考力・分析力を身につけた社会のリーダーや教育者、研究者等を育成することです。 このような教育理念・目標に基づき、日本文学科は以下のような入学者を求めています。  ・ 従前の教育課程等において十分な国語の力を身につけた人  ・ 知的探究心をもち、日本語・日本文学を深く研究していきたい人  ・ 対象を冷静に観察し、論理的に考察することができる人  ・ 文学作品のもつ多様な価値観を柔軟に受け止められる人  ・ 文章読解力と文章表現力を高め、その力を発揮していきたい人日本文学科の授業 日本文学科は日本文学系・日本語学系・中国欧米文学系の3つの領域からなり、広い分野にわたって、専門性豊かな教員が、学生の学習意欲に応えるために、全力を注いでいます。 基礎演習(1年)、専門演習(2・3年)を設置し、卒業論文に結びつくようになっています。卒業論文は論文だけでなく、創作作品も認めています。 少人数による徹底した双方向教育によって、教員・学生相互の人間的な触れ合いが密になり、充実した学生生活を送ることができます。トピックス:日本文学科の学生が中国短編文学賞に入賞しました!日本文学科4年 小池夏美さんが「第49回 中国短編文学賞」の優秀賞に選ばれました。受賞作:「CCに並ばない」(平成29年5月12日(金)中国新聞朝刊に掲載されています。)中国短編文学賞・・・中国新聞社(広島市中区)が主催する中国地方在住・在学・在勤者を対象とした短編文学賞。第49回は芥川賞作家高樹のぶ子さんによる審査の結果、184編の応募の中から大賞1編、優秀賞2編が選ばれました。本学学生は小池さんのほかにも3名が二次審査に残り、大いに健闘しました。小池さんのコメント「このような賞を頂けて光栄です。これからも頑張ります!」

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る