尾道市立大学 大学案内2019
44/140

教授藤岩 秀樹 教養教育の健康スポーツ科目を担当しています。健康スポーツ科目は、「健康スポーツ実習I」、「健康スポーツ実習II」、「野外スポーツ実習」、「健康スポーツ学」(講義)からなっています。身体運動やスポーツを媒介に、生活の基本である健康・体力に関する正しい知識と、健康づくりの具体的方法に関する知識や実践能力の獲得をめざしています。 健康スポーツ実習では、おもにソフトボール、サッカー、バレーボール、バスケットボール、バドミントンなどに取り組んでいます。これらの実習をとおして、運動の継続化・生活化が図られることはもちろんのこと、仲間づくりの場としても大きな役割も果たしています。 さあ、あなたも一緒にいい汗をかきましょう! 私は、現代の生活環境が、現代人の“からだ”にどのような影響を与えているのかについて、体育学の観点から研究しています。とくに子どもの自律神経機能について関心があり、さまざまな調査研究を行っています。 今から約500万年前に人類の祖先が直立して歩けるようになり、次第にさまざまな能力を発達させて「ヒト」から「人間」へと進化してきましたが、現代の便利で楽な生活が、こんどは「人間」を退化させはしないかと心配しながら、日々の教育研究に取り組んでいるところです。健康スポーツ研究室紹介040

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る