尾道市立大学 大学案内2019
41/140

情報コース・准教授木村 文則 「ビッグデータ」「人工知能」といった言葉を最近よく聞くようになったと思いませんか?企業でも注目が高まっています。例えば金融業界では「金融」と「情報技術」を組み合わせた「フィンテック」を積極的に取り入れるようになってきています。また、「AIスピーカ」などの商品が販売されるようになり、私たちの身近にもこれらの技術が活用されてきています。 私の研究室では、文章(テキスト)を中心とした「ビッグデータ」の分析が主な研究テーマです。学生には、ゼミで文章を中心とした「ビッグデータ」の分析について学んでもらいますが、卒業研究のテーマは各自の希望を積極的に取り入れてもらっています。「ビッグデータ」分析自身が、単一の種類のデータだけでなく、様々な種類のデータを組み合わせることにより、新しい発見をすることが目標です。こういった関連する分野も含め、解決すべき問題を見つけてもらい、研究してもらっています。 また、通常のゼミとは別に「人工知能勉強会」を開催し、関心のある学生がゼミの垣根を超えて集まり、協力しながら学んでいます。新しい技術についても積極的に学び、社会で活躍できる力を蓄えてもらいたいと思っています。ビッグデータ・人工知能Economics, Management & Information Science037

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る