尾道市立大学 大学案内2018
33/140

Economics, Management & Information Science029 13億という世界の二番目に多い人口を抱え、新興国として急速な成長を遂げているインドがどのような経済政策をとって発展しているのか、どの分野に力を入れているのかに関して現地調査やヒヤリング調査及び文献調査を行った上、インドの抱える課題を明確にし、今後の行方について考察した。まずインドの経済改革について「デジタル・インディア計画」と「スタートアップ・インディア計画」を中心に調査し、隣国でインドと同じく多くの人口を抱える中国の経済改革と比較することによって、インドの経済発展を妨げる問題点を明らかにした。また現地の方々に経済改革についてのアンケートを行い、現地の生の声を参考資料として卒業研究に取り入れた。 この研究を通して、インド国内で教育や経済の地域格差が存在すること、経済の自由化に伴う海外企業の進出によって第3次産業が早い段階から発達してきたが、第2次産業が十分に発展できておらず、経済改革によって誕生した数多くの新しいサービスはその品質が低い水準にとどまっていること等、インドの改革の特徴と抱える問題点を挙げることができる。今後国民の教育水準の向上についての意識改革や経済的・制度的な支援、そして第2次産業の発展とサービス業の質的向上に力を入れるべきだとの感触を得た。「インドの経済改革と経済成長の特徴と課題―デジタル・インディア計画とスタートアップ・インディアを中心に―」邵ゼミ金元 美穂

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る