尾道市立大学 大学案内2019
31/140

Economics, Management & Information Science027経済コースではどんな研究をしていましたか? 私はゼミナールで環境経済学を学びました。環境経済学とは、社会にある環境諸課題を、経済学を用いて掘り下げる学問です。難しそうに聞こえますが、環境問題には具体例も多いので、親しみを持って学ぶ事ができます。私は卒業論文で、普段から通学に使っている公共交通機関や自動車に焦点を当て、交通機関がもたらす環境課題や改善策について研究しました。 研究以外で力を入れたことは何ですか? 吹奏楽部の活動と、大学から始めたボランティアサークルに力を入れました。大学の部活動は高校までと違い、自分たちのみで計画・実行する機会が多いです。地域の方たちと交流する場面では、自分で行事依頼を受けて実行する経験を通じ、自ら考え行動する力が身に付きました。また、良き友人に恵まれ、自分が就きたい仕事を見つけるきっかけにもなりました。学生生活で大切だと思うことは何ですか? 積極的に挑戦し、多くの失敗を経験する事だと思います。大学生には何でも挑戦できる機会や時間があります。私も大学入学を機に親元を離れ、学業や部活動、インターンシップ等に取り組みました。自由な反面、責任も伴うので失敗もしましたが、4年間を通じて得た経験は一生の宝物であり、自身の成長も感じました。 皆さんが入学した際には、何事にも積極的に挑戦し、失敗も成功の糧に変えて学生生活を謳歌して欲しいと考えています。経済コース黒島 慶香(荒井ゼミ)

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る