尾道市立大学 大学案内2018
31/140

Economics, Management & Information Science027経済コースではどんな研究をしていましたか? 私はゼミで環境経済学を学びました。環境経済学とは、経済学的分析手法を用いて、環境保全型社会の実現に向けて具体的な対策を示すことを課題としている学問です。ゼミでは、「環境問題に関連させ卒業論文を執筆」という条件がありました。そこで、幼い頃から身近にあった「農業」と「環境」を主な主軸にして研究をしたいと考えていたので、調べるうちに辿り着いた「環境保全型農業」を題材に今後の展開や可能性について研究しました。 研究以外で力を入れたことは何ですか? 講義には遅刻・欠席をしないこと、また、単位はなるべく落とさず先を見据えた計画のもと三年生のうちに専門演習以外の全ての単位を取得しておくことです。二つとも基本的なことではありますが、社会に出た時、遅刻・欠席をしないということは周囲の人に「信頼」を与えるものであり、また単位を落とさないことで、就職してからの自己啓発の際の計画的な勉強のために努力することや、与えられた仕事を確実に行っていく「堅実さ」が培われていくと考えたからです。学生生活で大切だと思うことは何ですか? 四年間を有効活用すること、また何事にも積極的にチャレンジしてみることです。大学生は基本的に自由です。そして、多くのイベントを経験し成長出来るチャンスの時であると考えます。単位認定試験、卒業論文、アルバイト、旅行、就職活動等を通じ、入学当初よりも自己管理能力、人間関係の幅の広がり、価値観や視野の広がり等を実感しています。  みなさんが自由に使えるこの時間や環境を大切にして、卒業時に後悔することのないような学生生活を送れるよう願っています。経済コース中間 藍(荒井ゼミ)

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る