尾道市立大学 大学案内2019
26/140

022経済コース 経済学では、人、もの、金、情報等が社会の中を循環する様子(経済循環)を説明するための理論を作り上げていきます。家計や企業などの個別経済主体の行動を分析するミクロ的視点と、一国全体での出来事を考察するマクロ的視点があります。 このような視点を軸として金融論、財政学、国際経済学などを履修することによって、私たちの生活にかかわる諸問題を把握・分析するための問題発見能力と企画分析能力を磨くことが出来ます。これらは、大学院進学や公務員試験、そして企業への就職で必要とされる能力です。 大学進学を希望する人たちも、数年後には自分たちが経済社会を運営する立場になります。そのために経済コースでは、規制緩和や年金といった制度・政策、日本と世界の経済史、国際貿易などの世界情勢、などについての理解を深めることを目指します。さらに、このような経済問題を客観的に検証するためには経済データを統計的に分析することが必要であるため、情報処理に関する基礎的なトレーニングも行います。 経済倫理を身に付け、世界や国と言った全体を見渡すと同時に、この経済主体として家計や会社を経営する能力を身に付けたグローカルな人材を育成します。想定される進路1.行政機関におけるICTを活用した企画、政策の立案、実行2.企業、行政機関における情報活用システムの企画、事務、営業3.金融機関における業務

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る