尾道市立大学 大学案内2019
120/140

116 尾道市は商都850年、歴史は古代から現在までの様々な文化を育んできたまちです。旧市街地を歩くと様々な時代が混沌と混ざり合ったまちであると感じることが出来ます。観光客の方々のなかでも何度も訪れてくださる人達が多いのは、「まだすべてを見ていないのではないか」とか「何度も来ているはずなのに、ここは来たことがない」など市街地や斜面地の路地が複雑に絡まったラビリンスに魅せられているからかもしれません。新たな店が不思議な場所に突然登場するのも、しばらくするとその店も尾道の風景として馴染んでくるのもこのまちの持っている歴史の融合感覚といえます。 そんなまちにある尾道市立大学の理念の一つに地域貢献があります。地域社会との連携は開学以来取り組んで参りましたが、歴代の学生と各教員の長期間の取り組みで花開いたプロジェクトが少しずつ増えてまいりました。それらの研究成果は参加した学生達の糧となっていることは言うまでもなく、社会に出てからそれらの経験は都市の大小を問わず役立っているようです。学校での課題と地域貢献で得た知識や経験は、都市の様々なコミュニティとの関わり、つまり基礎的社会力養成にもつながっていると確信しております。地域総合センター金子 美晴教養講座ONOMICHI地域総合センター

元のページ  ../index.html#120

このブックを見る