尾道市立大学 大学案内2018
117/140

2017年度のスケジュール 2017年度もこれまでの企画を継承しながら展開していきます。10月から開催の「菅原智子展」は、美術作家としてフレスコ、テンペラなど絵画・壁画技法を横断しながら国内外で発表活動を行っている菅原智子氏の個展です。作家の美意識と素材が生み出す静謐な絵画空間が美術館にどのように響くのか大いに期待されます。卒業生の活動を紹介する企画展「In Focus〈インフォーカス〉」は、今回で8回目を迎えます。方向性の異なる3作家の近作がどのようなコントラストを創り出すでしょうか。また、油画コース卒業生有志による自主企画展「フカンクウカン」が開催されるほか、在学生が授業等で制作した作品も「進級制作展」をはじめ、さまざまな企画で紹介していきます。出品作家や美術館スタッフによるレクチャー・ワークショップ等も随時開催していきます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。 本年度もいくつかの展示は尾道市商店街のスペース「尾道市立大学サテライトスタジオ」で同時開催します。尾道市旧市街の2つの場を結ぶ企画がどのような広がりを生みだすのかご期待ください。カリキュラム展 2016Onomichi City University1132017Schedule2018124567891011213尾道市立大学美術学科 教員展 ‒ひらかれた扉 Open Door‒ 3月24日(金) - 5月7日(日) 休館日 水・木曜日(祝日開館) 4月5日(水) 特別開館本学美術学科教員の制作・研究を紹介する展覧会です。 サテライトスタジオでも同時開催予定です。Curriculum カリキュラム7月29日(土) - 9月3日(日)休館日 水・木曜日1年次から大学院までの、日本画・油画・デザインの3コースのカリキュラムで制作された作品を展示します。第9回高校生絵のまち尾道四季展12月23日(土・祝) - 1月14日(日) 休館日 12月29日(金)-1月3日(水)高校生の瑞々しい感性で描かれた尾道。市内各会場で開催し、当館では尾道賞受賞作品を中心とした絵画が並びます。MOU尾道市立大学美術館 学生買上作品展2月24日(土) - 3月25日(日) 休館日 水・木曜日(祝日開館)歴代の学生買上作品を紹介します。尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展5月20日(土) - 6月11日(日) 休館日 水・木曜日大学院で制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、院1年生時の制作を発表します。サテライトスタジオでも同時開催予定です。菅原 智子展10月28日(土) - 12月10日(日) 休館日 水・木曜日(祝日開館)本学美術学科非常勤講師・菅原 智子による個展です。菅原はイタリアに拠点を置き、各国で展覧会を開催しています。油画・テンペラ・モザイク壁画など様々な技法を追求してきた、創作の軌跡を紹介します。In Focus 8 ‒卒業生の現在‒ 9月16日(土) - 10月22日(日) 休館日 水・木曜日本学を修了し、各分野で活躍している新進作家、芦田 竜太郎(日本画)・原 夕希子(油画)・船本 雅友美(デザイン)の3名を紹介します。尾道市立大学美術学科 第14回卒業制作展・第12回修了制作展2月9日(金) - 2月18日(日) 会期中無休大学での研究成果を発表。卒業・修了生50余名の作品を展示します。※ 市内各会場にて開催。当館では、修了制作作品を展示します。フカンクウカン6月24日(土) - 7月17日(月・祝)休館日 水・木曜日油画コース修了生有志によるグループ展です。サテライトスタジオでも同時開催予定です。

元のページ  ../index.html#117

このブックを見る