尾道市立大学 大学案内2019
100/140

96美術学科教員はキャンパス内で創作・研究を行っています。 教員の研究室は美術学科棟の学生アトリエスペースの、廊下をはさんだ向かい側にあり、学生は多彩な専門領域で活動している教員の創作・研究現場を日常的に訪れることができます。 また、コース制をとっていることから、多くの創作・研究が共存していますが、各専門領域の垣根が低く、異なる領域の学生・教員間の対話が頻繁に行われているところも本学の美術学科の大きな特徴と言えるでしょう。教授(日本画コース)吉原 慎介1955年福岡県生まれ1980年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業1982年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程日本画専攻修了[画歴]1981年第36回「春の院展」初入選1983年再興第68回「院展」初入選1985年個展(小林画廊)1994年第46回「春の院展」奨励賞東京セントラル美術館’97日本画賞展佳作賞法務省更生保護誌表紙絵担当(〜1995年)1999年個展(西武アートフォーラム)2000年個展(赤堀画廊)2007年第62回「春の院展」奨励賞2010年第65回「春の院展」外務大臣賞・奨励賞2011年再興第96回「院展」奨励賞現在日本美術院特待〈陽のあたる道〉 紙本彩色 170×210cm 2017美術学科教員・日本画コース

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る