小樽商科大学 大学案内2019
63/64

OTARU UNIVERSITY OF COMMERCE 201962 社会は大きな変化を遂げつつあります。世の中は,今や「ネット社会」です。どんなに遠く離れていても,様々な情報が瞬時に飛び交い,人々を結びつけています。ネットを通じた日々の会話,消費活動,経済活動は,膨大なデータとして蓄積され,人工知能(AI)がそのデータを分析してものごとを判断・予測する時代が到来しています。人工知能は人間が担ってきた多くの仕事を奪うだろうと言われています。他方で新しいビジネスを次々と誕生させていることも確かです。 このような時代を先導するのは新しい知識・技術・考え方です。未来を生き抜くためには,新しい知識・技術・考え方を学び,変化に対応できる能力を養うことが必要です。大学は,それを可能にするところです。 大学に入ったら,多くのことを学んでください。社会に出れば,学ぶことの大切さを実感します。学びは,大学時代で終わるわけではありません。変化に対応するということは,学び続ける意欲を失わないことでもあります。 小樽商科大学は,100年以上の実学教育の伝統をもつ大学です。われわれが目指す「実学」教育は,幅広い知識と深い専門知識を兼ね備え,それらを用いて社会の様々な課題に取り組み,解決策を考える意欲・能力を持つ人材(T型人材),いいかえれば変化に対応できる人材を育てることにあります。 2016年度からは,グローバルな視野のもとに,地域や国の視点から考え行動できる「グローカル人材」の育成を新たに掲げ,アクティブラーニングの開発,実践的な語学教育,留学支援,英語での講義に力を入れています。充実した経済支援 小樽商科大学は,経済的な理由で大学進学や就学が困難な人のために,様々な支援を行っています。半額の授業料で働きながら学べる夜間主コースの設置,授業料免除,返還不要の給付型奨学金・奨励金,留学のための給付型奨励金などです。 小樽商科大学は,志ある人の夢を叶える大学です。みなさんをお待ちしています。学ぶこと・学び続けることの大切さを知ろう小樽商科大学長 和田 健夫

元のページ  ../index.html#63

このブックを見る