小樽商科大学 大学案内2019
43/64

OTARU UNIVERSITY OF COMMERCE 201942教師になるという道向中野 涼濱野 浩佑 小樽商科大学では,中学,高校の教員になる道もあります。小樽商科大学では右記のような教科の教員免許状を取得することが可能です。 実は,本学ではこれまで10年間で延べ185人が教員免許を取得しました。(2018年3月時点) 教員免許状を取得するには,専門の勉強はもちろんのこと,心理学などの知識も身につけなければなりません。一般学生よりも少しだけ多くの授業を受ける必要がありますが,それだけ熱心な学生が集まっています。また,授業は少人数でアットホームな雰囲気のなかでおこなわれています。 小樽商科大学はできる限り幅広い教養を身につけた「一人前の社会人」が教師になるのが健全であり,そのような教師がこれからの学校を支えていくべきであると考えています。 私が教員を目指したのは高校生の時でした。なぜ教育大学ではなく,小樽商科大学に入学したかというと,教員を目指しながら,多種多様な講義を受けることができ,広い視野を持って教員になることができると考えたためです。私は英語科の中学・高校の教員免許取得を目指しました。教職課程の講義は非常に魅力的で,専門的な英語の知識だけでなく,教材開発や心理学,対人関係や臨機応変に対応すること等,有意義で魅力的な講義ばかりでした。苦労しなかったとは思いませんが,特別大変だったことはありません。仲間と一緒に真剣に取り組めばどんなことでも楽しさに変わります。 今,私は高校で英語を教えていますが,何かを人に「教える」ということは簡単ではありません。しかし,あなたが教員ではなくとも,職場の先輩になったとき,上司になったとき,それを避けては通れません。教職課程は必ずあなたの力になります。少しでも興味があれば,受けてみてはいかがでしょうか。 高校2年生の時に素敵な英語の先生に出会いました。その先生に憧れて教師という職業を視野に入れました。大学に入学すると,進路の選択肢を広げるために英語の教職課程を履修しました。英語のみで展開される授業に心折れそうになる一方で,少しずつわかることやできることが増えていく感覚が自信に変わっていきました。 そして大学1年の春休み,母校の担任の先生から1本の電話がかかってきました。小樽商大での一年間の様子を受験生に話してほしいというお願いでした。自分の経験を生徒の前で話せるという機会はめったにないと思い,喜んで引き受けました。しかし当日,いざ大勢の生徒を目の前にすると緊張で思うように話せない自分に直面しました。自分は教師に向いていないのではないかと考えるようになりました。 そんなとき,交流を続けていた憧れの先生が話を聴いてくれました。そしてハガキで私に質問しました。「どうして教師になりたいのか」「どんな教師になりたいのか」「いつ教師になるのか」「そのために今何をしなければならないのか」と。私はそこで初めて自分の気持ちと時間をかけて向き合いました。そして書き上げたハガキの中には,自分の教師への思いがしっかりと詰まっていました。その先生が何か特別なアドバイスをくれたわけではありません。ただ,自分の気持ちとじっくり向き合い,これからどうしていくかを自分で決断するよう導いてくれたのだと思います。「受験生のあなた」は西暦何年何月にどんな職業につきますか。そのために高校3年の今,何をしなければなりませんか。自分とじっくり向き合い,本当の気持ちに気付けたとき,あなたの夢は動き出しますよ。私は「自分と向き合うあなた」を応援しています。中学校高等学校教  科社会 英語公民 英語 情報 商業2017年 商学科卒業/北海道八雲高等学校勤務2018年 商学科卒業/北海道真狩高等学校勤務※教員免許の取得者が必ずしも教員になっているわけではありません。「教える」ための学びは必ず力になる自分の気持ちと向き合う取得可能な教員免許状

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る