小樽商科大学 大学案内2019
40/64

39社会情報学科の学び社会情報学科の特長 膨大なデータが行き交うビッグデータの時代において旧来の経験や勘のみにより判断を下していくことは困難です。いかに役立つ情報を収集し,情報を的確に分析し,優れた戦略,システムを組み立てていくかが今後の社会のキーとなります。このキーポイントが,社会情報学科の重要なテーマです。科学的な方法論,コンピュータ,かつ人工知能などの革新的な情報技術を取り入れ,総合的な視野で問題解決をはかる学際的分野でもあります。扱うフィールドは,世界規模の政治や経済の問題から身の回りの問題まであらゆる領域に至り,応用性の高い学問分野を展開しています。本学科で,科学的,かつ合理的なセンスを身につけることにより,進化する情報社会で活躍し,その最先端を築き上げる能力を養えるでしょう。進化する情報社会で活躍科学的,合理的なセンスを身につけ進化する社会で活躍する能力を養います。社会情報学科長 加地 太一 教授

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る