小樽商科大学 大学案内2019
30/64

29夜間主コースで学ぶという選択充実した経済的支援−志ある人の夢を叶える大学に−本学には全国の国公立大学では数少ない経済・商学系の夜間主コースが設置されています。17:45〜20:55までの夜間に開講される講義を主に受講します。「60単位」まで昼間コースの講義が受講でき,同じ「4年間での卒業」が可能です。同じ「商学」の学位が取得可能(卒業証書,成績証明書などで昼夜コースが区別されない)です。就職も昼間コースと比べ遜色ありません。昼間コースの半額でありながら,昼間コースと同じ教員による高度な大学教育を受けることができます。2年次に学科に所属しますが,実際には所属する学科に関係なく自由に講義を選ぶことができます。昼間コースに比べ,選択できるゼミや外国語(英,独,仏,中のみ)の科目が少なくなっています。昼間コース夜間主コース入学料:282,000円   授業料:535,800円(年額)入学料:141,000円   授業料:267,900円(年額)メリット1メリット2奨学金教育振興基金・修学支援基金緑丘奨励金授業料等の免除制度デメリット入学料・授業料が半額学科の垣根がない選べる科目が少ない学ぶ意欲(学業成績優秀)はあるのに,経済的に困難な学生等に対して,入学料や授業料の免除制度を設けており,申請及び選考の上,全額または半額が免除されることがあります。皆様のご寄附から成る基金で,学生の自由闊達な活動や学ぶ意欲を応援する返還不要の奨学金です。2017年度は,課外活動遠征補助(6団体 52名),TOEFL受験料補助 (のべ68名)などの奨学金を支給しました。前年度の学業成績が優秀で,他の学生の模範であると認められた学生に対して,本学の同窓会から奨励金が支給されるものです。支給額:10万円 対象:学部学生(2年次以上各5名)奨学金の種類第一種奨学金(無利子貸与)第二種奨学金(有利子貸与)給付型奨学金(返還不要)月額20,000円~51,000円20,000円~120,000円数千円~数万円団体名日本学生支援機構札幌市,三菱UFJ信託奨学財団,似鳥国際奨学財団授業料免除実績は,全学年で1年間にのべ500人超入学料免除実績は,入学者のうち数名各種団体の条件等に基づき申請及び選考の上,奨学金を受けられる場合があります。●各種団体の奨学金(例)

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る