専修大学 大学案内2019
97/188

経済学部法学部経営学部商学部文学部人間科学部ネットワーク情報学部二部1つの演習グループが1つの仮想企業となり、各メンバーが社長や役員となって意思決定を行います。シミュレーションゲームを通して競争戦略やグループによる意思決定プロセスについて学ぶことを目的としています。ビジネスゲーム96Sコース2つのコースについてDコースコンピュータ内だけではなく物理世界の情報も扱うコンピュータシステムを実現するために、各種のセンサー・アクチュエータ・マイクロコントローラの要素技術と、それらを動作させるための電子回路について学習します。フィジカルコンピューティングSNSの浸透や変遷が人々の心理や人間関係、社会生活にもたらす変化を社会心理学の立場から検討。情報社会のコミュニケーションのあり方への問題意識と、調査や事例に基づく分析力を養います。ネットワークコミュニケーションProject学生または教員が提案したテーマに対して、グループを組み、1年間をかけて研究・開発。学生が主体となり、企画立案や進行管理、役割分担を行い、知識や技能を互いに学び合います。学外でも成果発表をし、得られた批評や経験を自身のステップアップにつなげます。大量のデータから有益なビジネスルールを発見する手法と技術を学び、応用する力をつけます。NTTデータ数理システムのVMSを使用したデータ処理実習を中心にECのログデータ、WEBアクセスログデータ、POSデータ、カードデータ等の分析を行います。情報という一見かたちのないものを、どのように捉え、整理し、かたちとして表現するのかを、デザインという具体的に可視化・触知化するプロセスを通して学びます。また、人間の認知の仕組みをふまえて、人が道具や環境と関わり合う場を観察・分析し、人と情報の新たな接点を探ります。プロジェクトデータマイニングネットワーク情報学科授業PICK UP情報デザイン担当教員テーマ飯田 周作VR技術に新たな刺激を加えたゲームデバイスの制作飯塚 佳代行動選択支援アプリケーション Action Manager の開発石井 健太郎オリジナルハードウェアを提案する石鎚 英也データ・サイエンス(DS)の教育~教材・カリキュラムの試作上松 大輝De.tales 日常をドラマチックにする舞台尾形 幹人AIを試す小田切 健太子どもたちに楽しく科学を学んでもらうための学習用実験映像制作厳 基珠趣味に特化した外国人との交流アプリ『Authentic Journey』神白 哲史第2期「100万語の英語音読」プロジェクト 上平 崇仁目に見えない価値を再考するためのポップアップ工房の運営栗芝 正臣次を考えるものづくり河野 敏鑑Pepperを活用してみよう!小林 隆こちら専修コンサルティング 佐竹 弘靖スポーツとIT担当教員テーマ佐藤 慶一子どもたちが描いた絵画作品のWebコンテンツ制作白井 康彦複数の短編映像から構成される作品の企画・制作・プロモーション砂原 由和“伝えるための努力と仕掛け”の歴史をさぐる 田中 稔データサイエンスを学んでみよう 土屋 翔一離散数学ゲームとその解析仲俣 暁生昔話をベースにした触覚と聴覚で楽しむ新たなTRPG沼 晃介子供たちが動物と楽しんで遊ぶデジタルアトラクションの作成野村 亮VR機器を利用した視聴者参加型3Dアニメーションの制作 藤原 正仁アニメーションの新しい発見のしかたを提案するサービスの開発望月 俊男データ収集と分析過程をデータサイエンス教育に活かす方法の探求本江 渉Webアプリケーションの開発 鈴木 裕信山下 清美「人前に立つ」 から始めるプレゼンテーション吉田 享子一緒にAIを学ぼうネットワーク情報学科プロジェクトテーマ一覧 (2018年度開講) 情報通信技術の科学的理解を深めたうえで、データと数理に基づいて問題対象を分析し、モデル化により解決案を考案し、その有効性をプログラミング等の手段で確認できることをめざします。(キーワード:System、Simulation、Science)分野を横断して、発見能力(Discovery)、デザイン能力(Design)、説明能力(Demonstration)の修得をめざします。クライアントのニーズを把握して、問題の本質を見出し、情報通信技術を活用して解決へと導きます。

元のページ  ../index.html#97

このブックを見る