専修大学 大学案内2019
94/188

93グループワークを重視、課題解決の実践力が鍛えられる基礎から専門へ、初めてでも段階的に情報学が身につくネットワーク情報学部では情報に関する多様な分野を学べます。1年次に広く情報学の基礎を学び、2年次以降に自分の興味や適性に応じて専攻を決められる安心設計。また、グループワークを重視した演習が充実しているのもネットワーク情報学部の特徴です。特に3年次の「プロジェクト」では学生自らが課題を発見し、チームで1年間かけてその課題を解決していくという壮大なものです。4年間の様々な実践を通じて、どんな時代にも対応できる「自ら学び続ける力」を鍛え、ITでより良い社会や暮らしづくりに貢献できる人材を育てます。ITビジネスの現場では複数の専門家によるチームワークが必須。1年次から演習科目でグループワークを繰り返し体験し、学んだ知識を実践に役立つ能力へ高める機会を豊富に設けています。1年次では情報学の基礎を学ぶとともに、それが社会でどう役立っているのかを考え、将来の進路を考えていきます。その考えと自らの興味に基づき、2つのコース6つのプログラムの中から選び、学びを深めます。多様な分野適性に応じて専攻を決められる「プロジェクト」自らが課題を発見「自ら学び続ける力」でより良い社会や暮らしづくりに貢献できる人材ネットワーク情報学科Department of Network and Information次代のリーダーとして新しい社会の仕組みを作るためにはなにをすべきだろう基礎か初グル重4年間の流れ2つのコース6つのプログラムに従い専門の学びをスタート2年次情報学の基礎を身につける1年次コース修了など学びのまとめ4年次時代の変化にこたえ高度な技術力を活かせる情報のプロフェッショナルを育成。4年間で身につく力プロジェクト演習で実践力をつける3年次

元のページ  ../index.html#94

このブックを見る