専修大学 大学案内2019
77/188

経済学部法学部経営学部商学部文学部人間科学部ネットワーク情報学部二部76インターンシップや協力講座で、メディアの第一線を知る4つの学びの柱が情報スペシャリストとして確かな実践力を育む3年次からのインターンシップでは、事前指導のうえ、企業の実務を体験します。新聞社やテレビ局、出版社、大手書店、ネットメディアなど対象は約40企業。メディアの第一線の現場が体験できます。また日本ペンクラブ、日本写真家協会、新聞・出版各社等との協力講座では著名作家や記者による多彩な講義を展開します。2年次からは、4つに大きく分類した科目群から、目的や興味に合わせて自由に選択します。組み合わせ方によって自分独自の専門性を高めていく学びです。439名(定員:124名)男:39%女:61%P103 教職課程等4つのイン協力ィア多くの“現場”を通して知る社会の姿私は東日本大震災でのメディアの動きを見て、ジャーナリズムに興味を持ちました。この学科では、マスコミの第一線で活躍されてきた先生方の迫力あるお話を通し、現代の社会の姿を考察します。印象的だった科目は「沖縄ジャーナリズム論」。沖縄の普天間基地に行き、米兵や現地の方々にお会いしました。3年次に留学したオレゴン大学でもジャーナリズムを専攻。現在所属する藤森ゼミも現場主義に徹し、刑務所や被災地などを訪ねています。多くの体験を得た今、卒業後は仕事を通して人々の幸福に貢献することが私の目標になりました。文学部人文・ジャーナリズム学科※ 4年鈴木達大さん福島・いわき光洋高校出身所属ゼミナール「現代の社会問題とジャーナリズム」メディアにおいての情報の収集と発信のあり方を学び、ジャーナリストとしての基礎を身につける科目群です。“真実”を見極め、伝える力を養っていきます。取材・報道を学ぶジャーナリズム「ジャーナリズムの倫理」「ライティング」授業科目の一例日々生み出される情報を文化資源と捉え、的確に選択・整理・管理する専門的知識を学ぶ科目群。司書や学芸員のほか官公庁や企業でも求められる能力です。情報の整理・編集を学ぶ情報文化アーカイブ「アーカイブ政策」「娯楽とメディア」授業科目の一例情報を編集・発信していくための表現力を具体的に学んでいく科目群です。制作者や編集者を目指すうえでは必須。広告やマンガなどについても広く扱います。メディアの制作を学ぶメディアプロデュース「ウエブデザイン」「映像表現技法」授業科目の一例劇的に進展するスポーツ分野での情報活用に着目。データの収集・分析や活用、コーチングなどの学びは、スポーツ指導者やスポーツ記者などを育成します。情報科学的アプローチを学ぶスポーツインテリジェンス「スポーツ情報戦略」「スポーツビジネス」授業科目の一例・司書 ・学校司書 ・学芸員取得可能な資格ゼミナール数(2019年度開講予定)学生数12※人文・ジャーナリズム学科は2019年度入学者よりジャーナリズム学科に再編P121 資格・採用試験※学生数は、人文・ジャーナリズム学科(再編前)の学生数

元のページ  ../index.html#77

このブックを見る