専修大学 大学案内2019
66/188

65古典からポップカルチャーまで、日本の文学と文化の魅力の本質は何だろう少人数のゼミナールで発信する力を高める日本文学文化学科では、文学、映画、演劇、アニメーションなどを含む表現文化全般を研究対象に、柔軟に選択できるカリキュラムを編成しており、熱中できるテーマに出会えます。また、海外での日本文学・文化への評価を知り、国際間交流の機会を設けています。さらに、現役作家(小説・書道)による創作指導、出版社出身の教員による編集指導などユニークで実践的な授業も展開。作品の「読解」だけでなく、「創作」「発信」にも重点をおいて学べることが、本学科の特徴です。少人数で学ぶゼミナールは、考え方を深め、発表力を磨く場です。仲間と意見を交わすことで、視野も広がります。例えばアニメーション批評と制作を体験できるゼミナールなど、広い関心にこたえる個性的なゼミナールがそろっています。文学、映画、演劇、アニメション海外での日本文学文化への評価を国際間交流創作指導編集指導「読解」「創作」「発信」日本文学文化学科Department of Japanese Literature and Culture少人入門ゼミで日本の文学と文化にふれる1年次研究テーマを卒業論文・作品に結実させる4年次4年間の流れ日本独自の文学や文化を理解し、創作し、発信できる人材を養成。4年間で身につく力ゼミで文学の読解、編集、創作などについて知識を深める2・3年次

元のページ  ../index.html#66

このブックを見る