専修大学 大学案内2019
57/188

経済学部法学部経営学部商学部文学部人間科学部ネットワーク情報学部二部56深く広く専門知識を身につけ、資格試験合格をめざして集中的、効率的に学ぶことができます。公認会計士や税理士、国税専門官など、将来、職業的な会計専門家をめざす人のための履修モデルです。会計実務の頂点をめざす「会計プロフェッショナル」履修モデルグローバル化が進む企業社会では国際的な会計基準を知る人材が求められています。企業の経理部門や財務部門などで、投資家向けの財務報告の作成を担当する専門家をめざす人のための履修モデルです。財務報告の実践力を身につける「財務会計」履修モデル管理会計は企業内の経営者に対して、会計情報を提供することが目的です。会計の専門知識を駆使して、組織の経営管理や経営戦略の意思決定、その実行を担当する経営者をめざす人のための履修モデルです。経営の意思決定の力をつける「管理会計」履修モデル会計情報をはじめ、企業が発信する情報を読み取る力が重要になっています。シンクタンクや企業格付け、コンサルティング関連部門に従事し、企業活動の分析や戦略を策定する専門家をめざす履修モデルです。企業の姿を解明する分析力を養う「財務情報分析」履修モデル専門分野の英語力を鍛えるから、これからの会計業務に強い将来につながる4つの履修モデルを参考に履修を組み立てる会計に関するルールの国際的な統一化が進む今、会計専門職には英語力が必要です。会計学科では「会計外国書講読」など専門的な英語科目を学べる他、留学先での学修を単位として認めるなど、国際感覚の養成を応援します。所属ゼミナール「企業価値向上のためのマネジメントと管理会計の研究」991名(定員:220名)男:63%女:37%P103 教職課程等専英将来4つ参考に会計を通して企業の問題解決に貢献を高校時代に簿記を学び、数字を通して経済を理解するのが楽しくて、会計学をより深く学べる会計学科を選びました。この学科は自分の目的に合わせて力を伸ばしていけるのが魅力。民間企業で活躍したい私は、「原価管理論」で、理論的な考察を経たうえで現場の問題に対処していく方法を学びました。ゼミナールでは会計管理の経験豊富な谷守先生のもと、アニメ産業界の収益改善対策を研究しています。また現在は日商簿記1級取得をめざして勉強中です。会計の面白さは数字が語るということ。この知識と資格はどんな業界に進んでも役立つと感じます。商学部 会計学科 3年中村 愛華さん千葉・流山高校出身「会計監査論」「税法」授業科目の一例「会計基準論」「連結会計論」授業科目の一例「意思決定会計論」「業績評価会計論」授業科目の一例「経営分析論」「財務情報分析論」授業科目の一例・高等学校教諭一種免許状(商業)・司書 ・司書教諭 ・学校司書 ・学芸員取得可能な資格ゼミナール数学生数17P121 資格・採用試験

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る