専修大学 大学案内2019
47/188

経済学部法学部経営学部商学部文学部人間科学部ネットワーク情報学部二部46自らの事業プランを具体化していく経験が実践への実力を養う2~4年次に履修可能な「ビジネス研究BD」では企業や官公庁、ビジネスインキュベーターなどと連携して、自分自身のビジネスアイデアを実現可能なプランに高める経験を積みます。小さな思いつきが社会を変えていくかもしれません。内容によっては起業のサポートも行います。経営学の基礎で理解するビジネス創造のノウハウ1年次には講義形式の授業に加えて、簿記、情報リテラシ、マーケティングなど経営の基礎的スキルを身につけ、2年次からはビジネスデザイン基礎演習A・Bを中心に、新規ビジネスの考え方に焦点を絞って履修。3・4年次は基幹科目を中心にベンチャービジネスの起業、既存企業内での新事業立ち上げ、店舗経営、NPOの運営など、めざす将来像に合った科目を実践的に学んでいきます。・司書 ・学校司書 ・学芸員取得可能な資格めざしたい道に即した様々な履修モデルで新たなビジネスの可能性をひらく例えば、以下の履修モデルがあります自分のアイデアで会社や店舗などの創業をめざす人、企業内で新しい取り組みに挑戦したい人などに向くモデルです。専門知識を活用して、ビジネスチャンスを発見し、実現、継続させていくために必要な、社会的規範・責任のあり方やマネジメント手法などを学びます。ここではベンチャー関連科目と経済学関連科目を中心に学びます。自らの力で事業を創造したい「ベンチャー・ビジネス論」「事業継承論」「マクロ経済学」「景気と政策」「コーポレート・ガバナンス」「事業創造」授業科目の一例消費者の目線で新しい商品・サービスを創造したい人に向くモデルです。トップマネジメント・レベルでの企業戦略策定の諸知識を学ぶとともに、顧客ニーズなどの情報を分析して、新規事業の立ち上げにつなげていくマーケティング的な視点を身につけます。ここではマーケティング関連科目と戦略関連科目を中心に学びます。新しい製品やサービスを生み出したい「製品開発論」「消費者行動論A・B」「マーケティング・リサーチ」「戦略経営論」「マーケティング戦略論A・B」「人的資源管理論A・B」授業科目の一例コンピュータとICT(情報・通信技術)を活用して、ベンチャー起業や既存事業活性化に取り組みたい人に向くモデルです。コンピュータとICTを体系的に学び、同時にキャリア開発やリーダーシップへの理解を通して、さまざまな人材を集め、リードする力を養います。ここでは、ベンチャー関連科目と情報関連科目を中心に学びます。ICTを活かした事業を起こしたい「企業家論」「ベンチャー企業経営論」「情報システムの開発」「経営学とキャリア開発」「情報システム基礎」「Webプログラミング」授業科目の一例180名入学定員P103 教職課程等P121 資格・採用試験

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る