専修大学 大学案内2019
45/188

経済学部法学部経営学部商学部文学部人間科学部ネットワーク情報学部二部44日本経済を支える一員をめざして高校時代から、将来は企業の中枢に関わり、日本経済を支える一員になるのが目標でした。経営学なら企業や経済の仕組み、消費者行動などすべてにアプローチできると考え、この学科に進みました。現在は「戦略デザイン」と「顧客満足とマーケティング」の2テーマから企業戦略のあり方を学び、ゼミナールではフェイスブック®の今後について研究中です。インターンシップは人材業界とIT業界に行きました。卒業後は経営コンサルタントとして、広く社会の役に立てればと思っています。3年次では、10のテーマ科目群から3つを選択。それぞれの強みを得る98パターン2、3年次のインターンシップ(企業研修)でビジネスの現場を実感する事前指導を経て、インターンシップ(企業研修)に参加して企業の実務を体験します。ビジネスの現場に身を置くことで、職業観・企業観を確立することがねらいです。企業と市場・社会企業倫理が問われる現在、企業と社会の発展の関わり、そして企業が担うべき社会的責任を考えます。戦略マネジメント組織、市場環境、社会環境、国際環境など様々な視点から、企業が業績を上げるための戦略を体系的に学びます。企業活動と会計情報企業活動を利益やキャッシュフローなどの会計情報によって測定・評価し、それらを経営に活かす力を身につけます。人的資源と知識創造企業における「人」に焦点をあて、どうすれば人が生き生きと働き、アイデアを出していくことができるのかを考えます。企業評価とファイナンス投資家が企業を評価する基準や方法を理解し、経営者として投資家の期待にこたえ、資金調達する方法を考えます。ベンチャー創造と事業継承起業家・事業の後継者の果たす役割について理解を深め、学生自身のベンチャー精神を高めます。ビジネス・ソリューション企業経営の意思決定・問題解決の考え方と、情報システムの活用法を学び、実際の経営への役立て方を考えます。グローバル・マネジメントグローバル経済における企業経営の国際的な課題を理解し、国際的にリーダーシップを発揮できる経営スキルを身につけます。顧客満足とマーケティング製品やサービスが長く売れるには顧客の満足が必要です。顧客の立場から発想したマーケティング活動を考えます。ICTと情報マネジメント情報と通信の技術に関する知識を深め、eコマースやコンテンツ配信など次のビジネスの可能性を考えます。2,528名(定員:373名)男:68%女:32%所属ゼミナール「経営組織論」経営学部 経営学科 3年新井田 花音さん福島・磐城桜が丘高校出身・中学校教諭一種免許状(社会)・高等学校教諭一種免許状 (公民、商業、情報)・司書 ・司書教諭 ・学校司書 ・学芸員取得可能な資格ゼミナール数学生数33P103 教職課程等P121 資格・採用試験

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る