専修大学 大学案内2019
35/188

経済学部法学部経営学部商学部文学部人間科学部ネットワーク情報学部二部343つのコースで将来に応じた専門性を高める2,739名(定員:562名)男:69%女:31%裁判員制度、民事・刑事司法の国際化、企業のコンプライアンス(法令遵守)など、時代の要請に応じることのできる法律家が求められています。こうした動きに対応し、裁判官、検察官、弁護士、司法書士など広く法律専門職に必要な力を養うコースです。法律専門職をめざす法律の基本科目である六法に重点を置き、法律学を段階的に学べるようカリキュラムを整備。高度な法律知識の修得はもちろん、客観的かつ論理的に物事を判断することができる法的思考能力を養います。【法律学を段階的に学ぶ】 法律総合コース企業法務には法律知識の他に、各企業の分野ごとの専門知識が必要とされる場面が数多くあります。企業の法務部門はもちろん、こうした幅広いビジネス上の課題に対し、法的センスでもって対応できる人材を育成するコースです。企業のあらゆる部署で必要とされる法律知識と法的思考能力。「知的財産法」「経済法」「労働法」などの企業法務に必要とされる法律科目を配置し、現代企業社会に対応できる能力を身につけます。【企業で使う私法に重点】国や自治体の仕組みや、民営化、地方分権化、情報化など最近の法律をめぐる問題について、積極的に学修します。「憲法」や「行政法」「国際法」を中心に公共法務と関連の深い法律が幅広く履修できます。【公共関連の法務を幅広く】企業の法務職をめざす企業法務コース法的思考能力と問題解決能力を備えた人材は、国や自治体、NPO・NGO、ボランティア団体などにおいて不可欠です。このコースでは公共サービスに法的な解決を促すとともに、公務員に相応しい人材を育成します。公務員をめざす公共法務コース所属ゼミナール「憲法の基本問題」P103 教職課程等3つの将活発な意見交換で、法律を深く理解中学で法律に興味を持ち、高校のときに初めて母と裁判を傍聴しました。被害者側に立ち、事件の立証を行う女性検察官の姿に感銘を受け法学部へ。具体的な判例で学ぶ「刑法総論」では、法律の解釈は一様ではなく、事件背景をどう解釈するかが問われると学びました。憲法のゼミナールを選んだのは、性的マイノリティの話題をきっかけに人権問題に興味を持ったから。毎回意見の対立があり、改めて自分の考えを深く掘り下げる勉強になっています。将来は検察官も視野に、まずその第一歩として、裁判をサポートする裁判所事務官をめざして勉強中です。法学部 法律学科3年吉村 果莉さん神奈川・港北高校出身「民法総則」「刑事訴訟法Ⅰ・Ⅱ」授業科目の一例「会社法特論Ⅰ・Ⅱ」「国際取引法Ⅰ・Ⅱ」授業科目の一例「憲法人権保障論Ⅰ・Ⅱ」「地方自治論Ⅰ・Ⅱ」授業科目の一例・中学校教諭一種免許状(社会)・高等学校教諭一種免許状(地理歴史、公民)・司書 ・司書教諭 ・学校司書 ・学芸員取得可能な資格ゼミナール数学生数50P121 資格・採用試験

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る