専修大学 大学案内2019
34/188

33法律学科個人の自由が調和する新しい社会には、どんな“法”が必要だろうか初年次教育で、法律の学び方と自分の将来像をつかむ人が自由であるために、そして個人の自由が調和する社会の実現のために法は存在します。この法とは何かを考え抜く精神がリーガルマインドです。法律学科では、リーガルマインドを醸成し、新たな社会をつくる法の専門家となるために、幅広い視野と発想力を鍛えていきます。1年次には論理学や哲学などの教養科目によって視野を広げ、2年次からは、法律の専門家や企業の法務部門、公務員など幅広い進路への将来を視野に、自分の適性や目標に沿ったコースを選び学んでいきます。1年次は少人数クラスの「専修大学入門ゼミナール」で大学で学ぶ能力を養いながら、「法学の基礎」など法律学の基本的な科目で基礎を修得。生活に身近な法律から学ぶことで、将来へのイメージをふくらませ、2年次以降の目標に沿った専門的な学びに無理なく進むことができます。法律総合コース企業法務コース公共法務コースDepartment of Law法律の専門家企業の法務部門、幅広い視野発想力法の専門家リガルマインドで公務員な初年法リーガルマインドをベースに幅広い視野と発想力を養成。4年間で身につく力身近で基本的な法律を学び、興味・関心を探る1年次3つのコースから将来の目標に沿った選択をする2年次興味・関心に基づいたゼミで専門的研究を深める3年次それぞれの学修を深め、リーガルマインドを高める4年次4年間の流れ

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る