専修大学 大学案内2019
174/188

173経済学部 国際経済学科NEW【趣旨】本学では入学選抜の一方策として、指定校制推薦入学試験制度を設けています。この制度は、入学試験で示される学力だけの選抜とは別に、入学後の勉学に関する意欲と明確な志向・適性・能力を一層重んじようとする趣旨によるものです。【趣旨】高等学校時代のスポーツ活動において優秀な成績をおさめた者の中から、本学への入学を強く希望し、かつ、人物的にも優れた勉学意欲のある者に入学を許可し、学業とスポーツとの両面からの調和的教育によって、スポーツ振興の一端を担うとともに、社会に貢献する人材を育成しようとするものです。■実施学部 一部・二部全学部詳細については、 体育事務課(TEL.044-911-1273)までお問い合わせください(2)指定校制推薦入学試験(3)スポーツ推薦入学試験2. AO入試【趣旨】国際経済学科は、国際経済を理解する基本・応用学習の他、世界を広く網羅する地域言語・地域研究等を含むカリキュラムを通じて、グローバル化時代に対応できる人材を国内外に送り出してきました。今後益々変貌する国際情勢に対して、海外事情の的確な理解や分析で活躍する人材、国際的な起業やグローバルな視野に基づいた活動に挑戦できる人材の育成を強化することをめざしています。「AO入試(グローバル人材入試)」では、こうしたグローバルな人材育成で鍵となる潜在的な語学力および発想力・探索力を持つ人材を選抜します。出願は3方式に分かれており、志願者の資質に最も合う方式を選ぶことができます。第1の「英語資格型」は、一定の英語の語学力水準を満たした志願者向けのもので、海外での学習機会に積極的に参加する人材を求めます。志願には、英語をはじめ外国語を学ぶ潜在能力を持っていることを示すため、一定の英語能力検定の資格が必要であり、また、日本や国際社会が抱える課題について論じる小論文を提出して頂きます。第2の「発想力型」は、独創的な発想を持ち情報収集や考察を通してそれを他者に伝えられる人材を求めます。発想力は、グローバル化時代の新たな諸課題に対応する上で鍵となり得ます。これまでの学習・体験・取り組みをもとに、国際社会が直面する諸問題や地域社会が抱える経済社会問題等の中から、何かひとつ個別のテーマを取り上げ、その取り組みをいかに未来につなげるのかについて、自分なりの発想や取り組みを小論文で提示することが求められます。第3の「探索力型」は、地道に自分の関心を深く追求する探索力がある人材を求めます。国際社会が直面する諸問題や日本が抱える諸課題等の中から、個別のテーマを取り上げ深く掘り下げられる資質が求められます。そのため、課題図書を読みこなし、関連した設問に対して自分なりの考えをまとめた小論文を提出して頂きます。選抜にあたっては、高大接続改革における学力の3要素である、①知識・技能、②思考力・判断力・表現力、および③主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度、を総合的に評価します。英検2級以上ただし2級でCSEスコアが2304点未満のものは、出身高等学校の英語の評定平均値が4.2以上※TOEFL®以下のいずれかのスコアに該当するもの◎iBTスコアが54点以上 ◎PBTスコアが480点以上TOEIC® L&R550点以上IELTS 5.0以上ケンブリッジ英検(一般英語)PET以上GTEC以下のいずれかのスコアに該当するもの◎GTEC(3技能版)またはGTEC for STUDENTSスコアが675点以上◎GTEC CBTスコアが1000点以上2019(平成31)年度推薦・特別入学試験1. 推薦入学試験■実施学部 一部・二部全学部■出願資格 平成31年3月高等学校(中等教育学校を含む。以下同じ)を卒業見込みの者(外国の高等学校に留学のため、平成30年4月1日以降学年の途中において卒業と認められた者を含む)■推薦基準(1 )各学部・学科への入学を強く希望している者(2)高等学校最終学年1学期までの学業成績が、各学部・学科で定めた基準に該当する者。ただし、2学期制の高等学校においては、最終学年前期までの成績、4学期制であれば最終学年2学期までの成績。推薦基準などの詳細については、推薦入学試験要項で確認してください※過年度の入学手続者数の実績を主たる基準とし推薦依頼校を決定しています■選考方法 書類審査■出願期間 平成30年11月 1日 (木)~11月5日(月) 消印有効■合格発表日 平成30年11月 30日 (金)■備考 指定校には、7月上旬までに通知を、9月上旬に指定校制推 薦入学試験要項をそれぞれ学校長宛に送付します■併願について 他の入学試験制度との併願は認めません ■実施学部・学科 一部経済学部・国際経済学科■募集人員  「英語資格型」「発想力型」「探索力型」計15名■出願資格 (1)平成31年3月全日制の高等学校もしくは全日制の中等教育学校を卒業見込みの者(2)外国において、学校教育における12年の課程を修了後半年以内の者および平成31年3月31日までに修了見込みの者(3)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を平成31年3月31日までに修了見込みの者(4)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)を平成31年3月31日までに修了見込みの者■出願条件(1)本学経済学部国際経済学科での勉学を強く希望し、入学を志す者(2)「英語資格型」にあっては、以下の資格を取得した者■選考方法 第1次選考(書類審査・課題小論文) 第2次選考(面接)■出願期間 平成30年10月15日(月)~10月19日(金)消印有効■試験日  第2次選考 平成30年11月 24日 (土)■合格発表日 第1次 平成30年11月 14日 (水) 第2次 平成30年11月 30日 (金)■備考AO入試の趣旨や応募に関する注意事項などを含めた説明会を平成30年8月4日(土)・5日(日)・25日(土)・26日(日)に、生田キャンパスで開催します第1次選考では、調査書・志望理由書・課題小論文の審査を行います。詳細についてはAO入試要項をご参照ください第2次選考は第1次選考合格者に対してのみ行います※平成31年3月高等学校(中等教育学校を含む)卒業見込みの者は、最終学年1学期までの評定平均値。ただし、2学期制の高等学校においては最終学年前期までの成績、4学期制であれば最終学年2学期までの成績

元のページ  ../index.html#174

このブックを見る