専修大学 大学案内2019
13/188

12学部・学科の専門に隣接する分野を学ぶ、「人文科学基礎科目」「社会科学基礎科目」。自然科学の幅広い分野に加え、実験や観察の科目も網羅している「自然科学系科目」。スポーツに関する理論やスキルを身につける、「保健体育系科目」。異なる様々な分野から自分の専門を見ることで、学びに幅と奥行きをつくります。社会学とは、自分自身と関わる社会事象について扱う学問です。基本的な概念をふまえて、身近な社会現象や社会問題にふれ、これまで見てきた世界や自分自身の「常識」をとらえなおしていきます。「古代東アジア世界と日本の歴史」がテーマ。東アジア世界が地域の多様性を持ちつつ、どう形成されたのか考えます。また、中国大陸・日本列島・朝鮮半島の古代文化の相違点や共通点を学びます。「生きている」とはどのような状態を指すのか、生物学は問い続けてきました。この講義ではこうした問いを通して生命のしくみを理解し、自然科学の視点や考え方を養い、将来に役立たせます。働き方には様々な選択肢があります。パラレルワークに代表される次世代の働き方への理解を深め、外部講師との対話を交えて、自身の将来のキャリアへの考え方を身につけます。「社会学入門」「学際科目1(東アジア成立)」「生物科学1a」「新領域科目2(働き方の選択)」興味・関心を深化させる教養科目新領域科目人文科学基礎科目学際科目保健体育系科目教養テーマゼミナールテーマ科目社会科学基礎科目キャリア科目自然科学系科目pickuppickup従来の学問分野の枠を超えた内容を扱う「新領域科目」、特定の話題について複数の学問分野の視点から考える「学際科目」、新しく注目を集めるテーマを掘り下げる「テーマ科目」、自然科学から演劇、スポーツ、都市論まで、学部の専門性を問わず探究できる「教養テーマゼミナール」を設置。転換・導入科目をふまえて、自らのキャリア形成について深く考察する「キャリア科目」とあわせて、社会を理解するための多面的な視点と総合的な分析力、判断力を培います。『専門科目』と『教養科目』を結ぶ融合領域科目基礎から発展・応用的内容へと段階的な科目配置にしているため、無理なく専門性を高めていけます。経済学部法学部経営学部商学部各学部・学科の専門を着実に極める専門科目専門科目の内容は、各学部・学科の専門科目一覧を参照してください高校までとは大きく異なる大学での学び。専修大学では、すべての学生が「学び方」を学ぶところから始めます。こうしたスムーズなステップアップのための様々な仕組みで、4年後には社会から求められる力が身につきます。文学部人間科学部ネットワーク情報学部→ P21→ P31→ P41→ P51→ P61→ P83→ P91

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る