専修大学 大学案内2019
125/188

卒業生サポートシステムキャリアデザイン就職支援資格・採用試験留学・国際交流奨励・奨学生制度環境124REPORTINTERVIEWINTERVIEWスペイン語でのプレゼンテーションで自分の殻を破った留学生のリアルに向き合えた、寮で共に暮らすサポート体験留学生との交流・イベント長期交換留学プログラム国際交流会館RA(レジデント・アシスタント)もともと中南米やアフリカなど開発途上国に興味があったので、メキシコのイベロアメリカーナ大学に1年間留学しました。移民難民問題や中南米の政治経済など現地の国際関係学部の正規授業は、議論やグループワークが中心。発言しなければ存在しないことと同じです。スペイン語の専門用語に苦労しましたが、知っている単語を駆使して、まずは発言しようと気持ちを切り替えました。友人や先生の助けを借りながらも、メキシコの最貧困地域の初等教育プログラム改善案のプレゼン大会に挑戦し、大きな自信になりました。長期だからこそできる、部活動やメキシコ国内旅行も体験。現地の人と深く交流でき、自分の世界が大きく広がった1年でした。オレゴン大学留学で上達した英語力を維持させるため、国際交流会館での寮内留学プログラムに参加し、自発的に留学生をサポートしたのを認められてRAになりました。アジア、北米、中南米、ヨーロッパなど20か国あまりの留学生と暮らす寮生活は、留学以上に多様な文化にふれられます。ダイニングで夜遅くまで語り、時にはトラブルを仲裁する中で、考え方や文化の違いより共通点を見いだし、その人個人と向き合うことが重要だと気づきました。留学生の日本語が上達し、帰国時に感謝の言葉をもらったとき、やってよかったと思います。RAの活動や後輩の留学相談の対応にやりがいを覚え、卒業後は留学エージェントとして、頑張る人たちの夢の後押しを続けるつもりです。留学中に多くの人に助けられた体験を活かして、今度は国際交流会館で暮らす留学生をサポートする側に。卒業後は、専修大学の職員として国際化の推進や留学のサポートをしたい!最貧困地域の教育改善プランのプレゼンで見事敢闘賞!メキシコの世界遺産などを巡る3週間の旅へイベロアメリカーナ大学剣道部で大会に出場してメダル獲得!留学生をサポート!法学部 法律学科4年山口 哲正さん 福島・安積高校出身文学部 英語英米文学科4年中村 安希さん 福島・喜多方高校出身留学先イベロアメリカーナ大学(メキシコ)REPORTイベロアメリカーナ大学に1年間留学!留学生と協働生活し、一緒に料理を楽しむことも茶道など日本文化を体験するプログラムへの付き添い主な活動内容● 寮内の生活が円滑に進むよう、 留学生と職員の橋渡し役● 交流イベントの企画や引率など● 生活の相談や時にはトラブルの仲裁も留学のすばらしさをみんなに知ってほしい!学び思い出部活動帰国後

元のページ  ../index.html#125

このブックを見る