専修大学 大学案内2019
124/188

留学・国際交流一生ものの体験が視野を広げる実際に海外に赴き、今の世界を知り、現地の人々とともに学ぶ。留学によって、語学の上達はもちろん、コミュニケーション能力や自分を表現する力も育まれます。まだ見ぬ世界に好奇心を持ち、目的を実現するための計画や努力を通して、自立心や異文化を理解する視点も身につきます。世界に直接ふれる経験は、誰にとっても大きな成長をもたらすでしょう。4・すべての留学プログラムに対して大学が補助・交換留学プログラムでは留学先大学の正規授業料免除専修大学と留学先大学の双方に学費を二重払いする必要はありません。(長期交換留学プログラム:一部の大学では、正規授業前の集中語学研修費用がかかります)・交換留学:最大60単位(日本語学科および日本文学文化学科は30単位)を限度とし、 振り替えが可能です。・中期留学:16~18単位を上限に教養または専門科目の単位に認定されます。・夏期・春期留学:2単位「海外語学短期研修1」「海外語学短期研修2」に認定されます。※学部・学科、学年ごとに取り扱いが異なります帰国後、留学中に修得した科目の単位認定を行います(本学の単位に振り替え可能)。長期交換留学した場合、本学では休学扱いにならないため、4年間での卒業も可能です。専修大学で受け入れている約400名の正規留学生や、年間150名以上の短期留学生の日本での日々をサポートする学生スタッフ。歓迎パーティーなどのイベントに参加したり、授業の手伝いをするなど、キャンパスで国際交流することができます。【主なイベント】鎌倉ツアー ダウンタウンツアー 日本語クラスビジター などアジア、北米、ヨーロッパなど世界中から来る短期留学生が滞在する「専修大学国際交流会館」に住み込んで生活全般をサポートします。専修大学の独自の留学サポート制度専修大学だからできる留学プログラムと国際交流留学費用が安い専修大学国際交流センタースタディアブロード・ファイナンシャルサポート制度(SAFS)キャンパスアシスタント(CA)レジデント・アシスタント(RA)単位認定制度あり休学扱いにならないため4年間で卒業可能学内でできる国際交流として、留学生を日々サポートレベルや目的にあわせて選べる多彩な留学プログラムこれまでに留学プログラムに参加した専修大学の学生数1986年~2018年3月5,777人プログラム名内 容初級寮内留学プログラム(日本国内)期間:約4~6か月短期留学生の滞在する「専修大学国際交流会館」にレジデント・パートナー(RP)として入寮し、生活全般をサポート。グローバル人材となるために留学生との協働生活を通じて、異文化理解や国際コミュニケーション力を養います。初・中級夏期留学プログラム期間:3~4週間夏期休暇中にイギリスまたはオーストラリアで英語を基礎から学び、“実践的な言葉”の習得をめざしたプログラムです。いずれも1日4時間程度の授業を中心に、会話の実践練習を行い、授業以外にもフィールドトリップやホームステイの生活を通じ、現地の文化・歴史・生活習慣を学びます。語学研修後にインターンシップ(就業体験)ができるコースもあります。春期留学プログラム期間:3~5週間春期休暇を利用してカナダ、ニュージーランド、中国、ドイツ、韓国、フランス、スペインまたはメキシコで語学研修を行います。コースによりフィールドトリップや料理教室など特徴あるバラエティに富んだプログラムが展開されています。中級中期留学プログラム期間:約4~5か月米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、ドイツ、フランス、メキシコの協定校・研修校で開講される集中語学コースに参加。各国からの留学生とインターナショナルクラスで学びます。また、語学研修修了後にインターンシップを行うコースもあります。上級セメスター交換留学プログラム期間:約4~5か月協定校に約4~5か月間、交換留学生として留学し、正規授業を履修します。期間が短いため経済的負担も軽減されます。また、交換留学のため、留学先大学に支払うべき学費の一部または全部が免除されます。長期交換留学プログラム期間:約10~12か月協定校に最長1年間、交換留学生として留学。正規授業を履修し、専門知識を深めます。正規授業開始前に語学力を高めるため、留学先大学附属の語学研修機関等で集中語学研修を受けるコースもあります。123長期交換留学プログラム私費留学留学先の授業料※10円約287万円留学先の生活費等※2約257万円約257万円ネブラスカ大学リンカーン校長期交換留学特別奨学生※3▲125万円0円専修大学の学費※4休学料※5約62万円~約119万円(学費)※4約4万円~約8万円(休学料)※5合計約194万円~約251万円約548万円~約552万円※1 留学に内定した学生は、交換留学奨学生に採用され、留学先大学の授業料の一部または全部 が免除されます。授業料は2018年1月現在の金額となります※2 生活費に含まれるもの:海外旅行保険等(1年分)、集中英語研修授業料・滞在費(寮)・食費、 秋・春学期の滞在費(寮)など(往復航空運賃は除く)※3 ネブラスカ大学リンカーン校に留学を希望する学生のうち、成績優秀者に対して、 集中英語研修の授業料および同研修期間の滞在費($10,976相当)が免除されます※4 留学期間中も専修大学への学費は通常通り納入することになります 学費は、学部・学科、学年によって異なり、おおよその金額となります※5 休学料は、学部・学科、学年、休学願受付日によって異なり、おおよその金額となります【例:ネブラスカ大学リンカーン校(米国)に1年間留学した場合】

元のページ  ../index.html#124

このブックを見る