専修大学 大学案内2019
111/188

卒業生サポートシステムキャリアデザイン就職支援資格・採用試験留学・国際交流奨励・奨学生制度環境110NTTコミュニケーションズ株式会社東南アジア諸国にインターネット回線を販売ネットワークサービス部 販売推進部内大木 勝博さん2012年 法学部 政治学科卒業2013年 ロンドン大学大学院修了日本人として何ができるか長期交換留学の体験がアジアを舞台に働く力にビジネスの連絡や営業活動は英語が中心。どう伝えるか日々勉強です。アジアで暮らす人々の生活を豊かにできるような仕事をしてみたいと思ったのは、大学2~3年次にかけて、オーストラリア・ウーロンゴン大学に長期交換留学をし、アジアの歴史や文化、政治を学んだのがきっかけでした。アジア人、日本人としての意見を度々求められ、アジアの諸問題を考える視野を得ることができたのです。また、英語が母語でない分、隅々まで予習して授業に臨んだ結果、その勤勉さをクラスメイトに驚かれ、これは日本人の強みかもしれないと気がつきました。勤務先のNTTコミュニケーションズは、世界中に拠点を持つ通信インフラのグローバル企業です。私は、東南アジア諸国のインターネット接続サービスの販売推進を担当。インターネットが普及している地域と普及していない地域で経済格差が広がる中、貧富の差に関係なく誰もが世界と平等につながることで、生活水準が少しでも向上することに貢献できればと考えています。入社3年目には、1年間香港に駐在し、日本に戻った現在も英語をはじめ様々な言語が飛び交う部署で、充実の日々を送っています。次はアジアの現地法人で、責任あるマネージャーとしてビジネスを進めたいと目標を定めました。留学しようと思ったのは入学してすぐのこと。留学経験者の話を聞き、その自信に満ちた様子が輝いて見え、すぐに準備を始めました。私は英検4級でしたが、学内で受講できる英会話講座やTOEFL ITP®テスト対策講座に参加し、短期間でTOEFL®540点のスコアを獲得し、長期交換留学へ。帰国後も、学内にある国際研修館(現・国際交流会館)に住み込み、留学生をサポートする体験(RA※)を通し、世界で活躍するためにもっと学びたいという思いが募り、アジア学で有名なロンドン大学に進学しました。このように充実した大学生活を送れたのは、入学時のオリエンテーション・ガイダンスで、先輩の留学経験談を聞いて、打ち込む価値のある目標に出会えたから。今の自分があるのは、頑張る学生を全力で後押ししてくれる国際交流センターの皆さんをはじめ、一緒に寮で過ごした仲間など、たくさんの出会いに恵まれたおかげだと感謝しています。通信インフラを整備してアジアの暮らしを豊かに打ち込む価値がある目標に出会えた大学生活留学やRA※として様々な仲間と交流入社3年目で海外勤務。香港へ多様な価値観に出会った経験が、今の仕事でも役立っています。現地の声を本社に届けることは、良い勉強になりました。思い出専大生  社会人かわったこと、かわらないこと図書館で勉強アウトドアでリフレッシュ駐在先の香港でトレッキングの魅力を知り、山が大好きに。運動不足の解消と自然の中で過ごす時間は気分転換にも最高。休み韓国語を話す韓国の女性と結婚することになり、もっと理解し合えるようになりたい!目標英語を話す※RA(レジデント・アシスタント)については、123ページを参照してください

元のページ  ../index.html#111

このブックを見る