専修大学 大学案内2019
11/188

10大学での学修方法学びのステップアップ3つの学問系統経済系3学部の違いP 9 P11P15P17「大学ではどうやって勉強するんだろう?」「学部学科はどう選ぶの?」そんな素朴なギモンにこたえる情報から、専修大学ならではの効果的な学びの仕組みまで、入学後に始まる学びの中身をまるごとご紹介します。高校までとは大きく異なる大学での学び。専修大学ではスムーズにステップアップすることを重視した学びのシステムを用意しました。一歩ずつ成長し、興味を広げることで、大学での学びがもっと面白くなります。※大学では、授業で知識を習う「学習」だけでなく、学生自らが学ぶ準備をしたり学びを展開することも含めた、「学修」を行います固定クラスで決められた教室教員免許を持った先生が担当高校で決められた教科書出欠は毎朝先生が確認自分で選んだ授業の教室へ移動します。劇場のように広い階段教室から、最新のコンピュータルームなど、授業のタイプに合った教室があります。先生は授業の他に専門分野の研究を行い、学術論文として発表しています。授業では、そうした研究成果が活かされます。教科書、プリント、参考書をはじめ、映像を見る、実物にふれるなど様々です。授業の遅刻や欠席は、単位の修得に影響します。自分のスケジュール管理を自由にできる分、自律した行動が求められます。授業ごとに様々な教室へ移動先生は、学問の専門家であり研究者教科書の他にも先生によって様々出欠は自分で管理456897クラス先生与えられた問題の解法を学ぶ専門分野の中で問題を自分で見つけます。その答えを求めて、調べ、考え、仲間と議論して、自分の考えを整理し、発表します。問題を自分で見つけて探究する学びの目的卒業は出席日数と成績で決まる科目ごとの到達目標をクリアすると単位が与えられます。学部によっては、進級するために必要な単位が定められていることもあります。4年間で定められた単位を修得する卒業教材出欠大学での学び方黒板を写すのではなく、先生の話から流れを理解し、ポイントをメモ。授業でノートをとる図書館やインターネットを活用して調べます。自分で文献・データを読む調べたことや考えたことを道筋立てて、自分の言葉でまとめます。自分でレポート執筆、プレゼンテーション学生同士での議論から、認識や見解の違いを理解し、自問自答して考えます。仲間と議論する自ら問題を発見し、自ら答えを追求できるように、課題解決力や問題解決力を身につけていきます大学では高高高高高高大大大大大大

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る