専修大学 大学案内2019
109/188

108専用の自習室を完備理想的な環境で学びに専念できる1クラス約15名の担任制きめ細かな指導・相談で目標に近づける段階的・効果的に学ぶカリキュラム1年次には法学の基礎知識と理論を十分に理解できるよう法律基本科目を配置し、体系的な思考力の修得をめざします。2年次以降はケース・メソッドやプロブレム・メソッドを用いた演習を中心に、基礎力と実践的な思考力を養います。民事、刑事、企業法務、知的財産法務、渉外法務、コミュニティーサービス関係など、様々な専門分野における先端科目を配置しており、多くの科目から各自の課題意識に沿って自由に選択し、効果的に学習できるカリキュラムとしています。法科大学院のある神田8号館には、無線LANやデータベースなど情報処理設備の他、院生全員に専用のキャレル(自習室)を用意しています。ハード・ソフトともに学習に理想的な環境が整っており、院生の多くはキャレルにて終日勉強に励んでいます。講義は少人数制での対話形式、双方向授業が中心です。法律基本科目に加え、実務基礎科目(模擬裁判、法文書作成、クリニック、エクスターンシップ、ロイヤリングなど)も質・量ともに充実しています。また、1クラス15名程のクラス担任制に加え、オフィスアワーも設けており、日々の学習や進路のことなど、一人ひとりに対するきめ細かな指導・相談を通して、着実に学習を進めることができるようにしています。段階学ぶ専用理想学1クきめ目標

元のページ  ../index.html#109

このブックを見る